灰吹屋薬局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社 灰吹屋薬局
Headquarter of Haifukiya Pharmacy.jpg
本部(2012年6月1日)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地

日本の旗 日本
郵便番号:213-0001
神奈川県川崎市高津区溝口3-14-19

北緯35度36分14.3秒
東経139度36分48.3秒
座標: 北緯35度36分14.3秒 東経139度36分48.3秒
設立 1950年昭和25年)3月22日
業種 小売業
事業内容 薬局・ドラッグストアの運営
代表者 鈴木敏雄
資本金 1400万円
従業員数 150名(2009年5月現在)
外部リンク http://www.haifukiya.com/
特記事項:創業は1765年明和2年)
テンプレートを表示

灰吹屋薬局(はいふきややっきょく)は、神奈川県川崎市高津区溝口に本社を置く、薬局ドラッグストアを運営する企業である[1]。ドラッグストアではハイフキヤドラッグを店名としている。

事業[編集]

2012年3月現在、川崎市の中部から北部(高津区宮前区多摩区)において、ドラッグストア7店舗(うち4店舗には調剤併設)、調剤薬局2店舗を営業している[2]

歴史[編集]

灰吹屋薬局は、江戸の四谷にある総本家灰吹屋からの暖簾分けで、1765年明和2年)、大山街道沿いの溝口に開業した[3]。灰吹屋の薬の評判は旅人に広がり、富山の薬売り越後の毒消し売りは溝口に寄り付かなかったという[4]

三代目仁兵衛は玉川老人亭宝水と号し、俳諧田川鳳朗に師事するなど俳人の間での交友関係も広く、また街道沿いに松尾芭蕉の句碑も建てている[5]

三代目仁兵衛の長男である専太郎の代には、明治20年代の当時まだ珍しかった[6]薬局としての免許を得たが、若くして没する。弟の愛之助が跡を継ぎ、大山街道でも珍しい店蔵を建てた[7]

屋号の由来[編集]

からを取り出すための灰吹法に由来する。四谷・溝口以外にも同名の薬局が存在する[4]

ギャラリー[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 会社概要”. 灰吹屋薬局. 2012年3月14日閲覧。
  2. ^ 店舗紹介”. 灰吹屋薬局. 2012年3月14日閲覧。
  3. ^ 灰吹屋の歴史”. 灰吹屋薬局. 2012年3月14日閲覧。
  4. ^ a b 高津物語(上巻)』、p.118
  5. ^ 高津物語(上巻)』、pp.119-120
  6. ^ 大山街道沿いでは、灰吹屋ともう1軒しかなかったという(『高津物語(上巻)』、p.121)。
  7. ^ 高津物語(上巻)』、p.122

参考文献[編集]

外部リンク[編集]