膠芽腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

膠芽腫(こうがしゅ、: glioblastoma)は、脳腫瘍の一種。神経膠腫(グリオーマ)の中でも最も悪性度が高いとされる。


膠芽腫のデータ
ICD-10 C719
統計 出典:
世界の患者数 半角数字、3桁区切り
(20xx年xx月xx日)
日本の患者数 半角数字、3桁区切り
(20xx年xx月xx日)
○○学会
日本 日本脳神経外科学会
世界 AANS & CNS Neurosurgery On-Call
この記事はウィキプロジェクト雛形を用いています

定義(概念)[編集]

グリア細胞(主として星状膠細胞)由来の悪性腫瘍の中で、極端に未分化で増殖能の高いものを指す。腫瘍は出血を伴うことが多く、腫瘍内には壊死巣が見られる。腫瘍細胞は円形、紡錘形などのさまざまな形状が存在し、大小不同である。

病態[編集]

急速な腫瘍の増大により極めて進行が速い。数週単位で症状が悪化することも見られる。

疫学[編集]

好発年齢は45~79歳であり中年以降に多発する。男性のほうがやや多い(1.4倍)。原発性脳腫瘍の約9.0%を占める。 前頭葉に最も多く、次いで側頭葉頭頂葉に好発する。

症状[編集]

急速に増大する腫瘍による頭蓋内圧亢進症状が見られる。初発症状は頭痛が多い。他の脳腫瘍と同じく、朝に強い頭痛が見られること(morning headache)が多い。その他に運動麻痺、痙攣、見当識の低下などが見られる。

検査[編集]

膠芽腫のMRI画像
CT
単純CTでは腫瘍実質が高吸収域、周囲の壊死部や嚢胞は低吸収域として造影される。造影剤を用いた造影CTでは腫瘍実質が不均一に増強される。
MRI
T1強調画像では腫瘍はやや低信号域、T2強調画像では腫瘍やその周囲の脳浮腫が高信号域となる。ガドリニウムを用いた造影MRIでは、腫瘍の辺縁が高信号域となる一方、腫瘍内部は壊死などを反映して低~高信号域が入り混じった像となる事が多い。この所見をリング・エンハンスメントと称する。また、リング・エンハンスメントは膠芽腫に特異的な所見ではなく、脳膿瘍、転移性脳腫瘍などが鑑別としてあがることが多い。

診断[編集]

臨床症状から脳腫瘍を疑い、CTやMRIの結果を元に確定診断する。

治療[編集]

本腫瘍を根治する方法はない。手術での出来る限りの摘出が基本であるが、腫瘍は浸潤性で正常組織との境界が不明瞭であるため、通常全摘は不可能である。そのため術後の放射線療法化学療法との併用が基本となる。現在化学療法はテモゾロミドを用いるのが一般的である。

予後[編集]

脳腫瘍の中では最も悪く、すべての悪性腫瘍と比べても最悪の部類に入る。1年生存率は51.6%、3年生存率は13.1%、5年生存率は7.8%である。なお、膠芽腫は遠隔転移はほとんどせず、転移するのは脳内のみであるという特徴がある。

診療科[編集]

脳神経外科神経内科

参考文献[編集]

  • 標準脳神経外科 第10版、医学書院