グレッグ・モンゴメリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレッグ・モンゴメリー

Greg Montgomery  No. 9

パンター
生年月日:1964年10月29日(50歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州モリスタウン
身長:6' 3" =約190.5cm 体重:213 lb =約96.6kg
NFLデビュー
1988年ヒューストン・オイラーズ
経歴
大学ミシガン州立大学
NFLドラフト1988年 / 3巡目(全体の72番目)
 所属チーム:
通算成績
(1997年までの成績)
回数     524回
ヤード     22,831ヤード
平均     43.6ヤード
最長     77ヤード
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

グレッグ・モンゴメリー(Greg Montgomery 1964年10月29日- )はニュージャージー州モリスタウン出身の元アメリカンフットボール選手。ポジションはパンター

少年時代彼はアイスホッケーのディフェンスマンをしており、高校では野球で速球派の投手、アメリカンフットボールではミドルラインバッカーとしてプレーしていたが背中を痛め医師から二度とコンタクトスポーツをしてはいけないと言い渡された[1]

プレースキッカー、パンターとなった彼はそのポジションの選手としては数少ない奨学金をもらえる選手としてペンシルベニア州立大学に入学したがその後1984年、父親の母校であるミシガン州立大学に転校し4年次の1987年にはオールアメリカンに選ばれた[1]

1988年から1997年まで9シーズンに渡ってNFLの3チームでプレーし、1990年、1992年、1993年にはNFLトップの平均ヤードを記録した。通算22,831ヤードのパントを蹴っており、敵陣20ヤード以内に120回蹴りこんだ。ミシガン州立大学のオールタイムチームに選ばれている。

1993年までヒューストン・オイラーズでプレーし1994年にデトロイト・ライオンズでプレーした後、フリーエージェントとなった彼は1995年サンフランシスコ・フォーティナイナーズのキャンプに参加した[2]トミー・トンプソンとのポジション争いに敗れた。

1997年に双極性障害と診断された。現役引退後の彼は脳震盪などの治療や年金に関してNFLの十分な支援を受けていない1990年代までのNFL選手たちの声を代弁してマイク・ディトカトム・マットらと活動している[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Greg Montgomery”. スポーツ・イラストレイテッド (1994年12月12日). 2010年10月4日閲覧。
  2. ^ 49ers Pick Punter -- For Now”. SFGate.com (1995年8月30日). 2010年10月4日閲覧。
  3. ^ Oilers' Montgomery dealing with bigger issues now”. caller.com (2010年8月21日). 2010年10月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]