ハンコック郡 (オハイオ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オハイオ州ハンコック郡
Hancock County Ohio Courthouse.jpg
フィンドレー市にあるハンコック郡庁舎
オハイオ州ハンコック郡の紋章
郡章
ハンコック郡の位置を示したオハイオ州の地図
郡のオハイオ州内の位置
オハイオ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1820年[1]
郡名の由来 ジョン・ハンコックアメリカ独立宣言署名者
郡庁所在地 フィンドレー
最大都市 フィンドレー
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,382 km2 (533.66 mi2)
1,376 km2 (531.36 mi2)
6 km2 (2.30 mi2), 0.43%
人口
 - (2010年)
 - 密度

74,782人
54人/km2 (140.7人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.co.hancock.oh.us

ハンコック郡: Hancock County)は、アメリカ合衆国オハイオ州の北西部に位置するである。2010年国勢調査での人口は74,782人であり、2000年の71,295人から4.9%増加した[2]郡庁所在地フィンドレー市(人口41,202人[3])であり、同郡で人口最大の都市でもある。

郡名はアメリカ独立宣言に最初に署名したジョン・ハンコックに因んで名付けられた。ハンコック郡はトレド大都市圏との結びつきが強く、その中に含まれると考える者もいる。

歴史[編集]

ハンコック郡は1828年1月21日に、ウッド郡南部が分離し、オハイオ州議会によって創設された。当初はフィンドレー郡区のみが入っていたが、同年4月にはアマンダ、ウェルフェア(現在のデラウェア)各郡区が追加された。その後は新しい郡区が決められていった。1829年にジャクソン、1830年12月にリバティとマリオン、1831年にビッグリック、ブランチャード、ヴァンビューレン、1832年にワシントン、ユニオン、イーグル、1833年にカスとポーテージ、1835年にプレザント、1836年にオレンジ、1840年にマディソンが作られ、最後は1850年のアレン郡区だった。当初の郡域は一辺が24マイル (38 km) 近い正方形だったが、1845年にワイアンドット郡が作られたときに南東部が削られた[4]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は533.66平方マイル (1,382.2 km2)であり、このうち陸地531.36平方マイル (1,376.2 km2)、水域は2.30平方マイル (6.0 km2)で水域率は0.43%である[5]

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1830 813
1840 9,986 1,128.3%
1850 16,751 67.7%
1860 22,886 36.6%
1870 23,847 4.2%
1880 27,784 16.5%
1890 42,563 53.2%
1900 41,993 −1.3%
1910 37,860 −9.8%
1920 38,394 1.4%
1930 40,404 5.2%
1940 40,793 1.0%
1950 44,280 8.5%
1960 53,686 21.2%
1970 61,217 14.0%
1980 64,581 5.5%
1990 65,536 1.5%
2000 71,295 8.8%
2010 74,782 4.9%
Population 1800-2010.[1][6]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 71,295人
  • 世帯数: 27,898 世帯
  • 家族数: 19,138 家族
  • 人口密度: 52人/km2(134人/mi2
  • 住居数: 29,785軒
  • 住居密度: 22軒/km2(56軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 25.7%
  • 18-24歳: 9.7%
  • 25-44歳: 28.7%
  • 45-64歳: 22.6%
  • 65歳以上: 13.2%
  • 年齢の中央値: 36歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 94.3
    • 18歳以上: 91.2

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 32.6%
  • 結婚・同居している夫婦: 56.4%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 8.7%
  • 非家族世帯: 31.4%
  • 単身世帯: 26.0%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 9.8%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.49人
    • 家族: 3.01人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 43,856米ドル
    • 家族: 51,490米ドル
    • 性別
      • 男性: 37,139米ドル
      • 女性: 24,374米ドル
  • 人口1人あたり収入: 20,991米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 7.5%
    • 対家族数: 5.2%
    • 18歳未満: 8.8%
    • 65歳以上: 6.1%
ハンコック郡監査役章
ハンコック郡図

郡区[編集]

ハンコック郡は下記17の郡区に分割されている。

  • アレン
  • アマンダ
  • ビッグリック
  • ブランチャード
  • カス
  • デラウェア
  • イーグル
  • ジャクソン
  • リバティ
  • マディソン
  • マリオン
  • オレンジ
  • プレザント
  • ポーテージ
  • ユニオン
  • ヴァンビューレン
  • ワシントン

都市と町[編集]

[編集]

  • アーカディア
  • アーリントン
  • ベントンリッジ
  • ブラフトン
  • ジェネラ
  • マコーム
  • マウントブランチャード
  • マウントコーリー
  • ローソン
  • ヴァンビューレン
  • バンルー

未編入の町[編集]

  • バトラーズミル
  • チェイス
  • デューイビル
  • ハンコック
  • フックタウン
  • モーティマー
  • ニュースターク
  • プラッツ
  • ショータウン
  • ウェストインディペンデンス
  • ウェストパーク
  • ウィリアムズタウン

脚注[編集]

  1. ^ a b Ohio County Profiles: Hancock County (PDF)”. Ohio Department of Development. 2007年4月28日閲覧。
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Hancock County - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Quickfacts.census.gov - Findlay, Ohio - accessed 2011-12-06.
  4. ^ Brown 1886: Brown, R.C. (1886). History of Hancock County, Ohio. 3. Chicago: Warner. Beers & Co.. http://www.heritagepursuit.com/Hancock/HancockIndex.htm 2009年3月27日閲覧。. 
  5. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。
  6. ^ http://quickfacts.census.gov/qfd/states/39/39063.html

外部リンク[編集]

座標: 北緯41度00分 西経83度40分 / 北緯41.00度 西経83.67度 / 41.00; -83.67