アシュタビューラ郡 (オハイオ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オハイオ州アシュタビューラ郡
Ashtabula County Courthouse Group.jpg
ジェファーソンアシュタビューラ郡
アシュタビューラ郡の位置を示したオハイオ州の地図
郡のオハイオ州内の位置
オハイオ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1807年6月7日[1]
郡名の由来 イロコイ族インディアンの言葉で"多くの魚がいる川"
郡庁所在地 ジェファーソン
最大の都市 アシュタビューラ
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

3,544 km2 (1,367.90 mi2)
1,819 km2 (701.93 mi2)
1,725 km2 (665.97 mi2), 48.69%
人口
 - (2010年)
 - 密度

101,497人
56人/km2 (144.6人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.co.ashtabula.oh.us

アシュタビューラ郡: Ashtabula County)は、アメリカ合衆国オハイオ州の北東隅に位置するである。2010年国勢調査での人口は101,497人であり、2000年の102,728人から1.2%減少した[2]郡庁所在地ジェファーソン村(人口3,120人[3])であり、同郡で人口最大の都市はアシュタビューラ市(人口19,124人[4])である。

郡名はイロコイ族インディアンの言葉で"多くの魚がいる川"を意味している。郡内に17の屋根付橋があることで知られている。近くの湖によって生み出される微気候のお陰でブドウの栽培が広く行われ、幾つかのワイン醸造所がある。冬には度々湖水効果雪が降り、エリー湖南東部のスノーベルトに入っている。

アシュタビューラ郡はその全体でアシュタビューラ小都市圏を構成している。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は1,367.90平方マイル (3,542.8 km2)であり、このうち陸地701.93平方マイル (1,818.0 km2)、水域は655.97平方マイル (1,724.9 km2)で水域率は48.69%である[5]

主要高規格道路[編集]

  • I-90.svg 州間高速道路90号線
  • OH-7.svg オハイオ州道7号線
  • OH-11.svg オハイオ州道11号線
  • OH-167.svg オハイオ州道167号線
  • US 6.svg アメリカ国道6号線、グランドアーミー・オブ・ザ・レパブリック・ハイウェイ(南北戦争退役兵を顕彰)
  • US 20.svg アメリカ国道20号線
  • US 322.svg アメリカ国道322号線

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口 変動率
1820 7,382
1830 14,584 97.6%
1840 23,724 62.7%
1850 28,767 21.3%
1860 31,814 10.6%
1870 32,517 2.2%
1880 37,139 14.2%
1890 43,655 17.5%
1900 51,448 17.9%
1910 59,547 15.7%
1920 65,545 10.1%
1930 68,631 4.7%
1940 68,674 0.1%
1950 78,695 14.6%
1960 93,067 18.3%
1970 98,237 5.6%
1980 104,215 6.1%
1990 99,821 −4.2%
2000 102,728 2.9%
2010 101,497 −1.2%
Population 1800-2010.[1]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 102,728人
  • 世帯数: 39,397 世帯
  • 家族数: 27,774 家族
  • 人口密度: 56人/km2(146人/mi2
  • 住居数: 43,792軒
  • 住居密度: 24軒/km2(62軒/mi2

人種別人口構成

先祖による構成

  • ドイツ系:19.2%
  • イタリア系:11.6%
  • イギリス系:10.6%
  • アイルランド系:10.5%
  • アメリカ人:10.3%

言語による構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 26.2%
  • 18-24歳: 7.6%
  • 25-44歳: 28.0%
  • 45-64歳: 23.6%
  • 65歳以上: 14.7%
  • 年齢の中央値: 38歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 95.1
    • 18歳以上: 92.1

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 32.4%
  • 結婚・同居している夫婦: 54.8%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 11.4%
  • 非家族世帯: 29.5%
  • 単身世帯: 24.8%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 10.7%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.56人
    • 家族: 3.05人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 35,607米ドル
    • 家族: 42,449米ドル
    • 性別
      • 男性: 33,105米ドル
      • 女性: 22,624米ドル
  • 人口1人あたり収入: 16,814米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 12.1%
    • 対家族数: 9.2%
    • 18歳未満: 17.1%
    • 65歳以上: 8.6%
アシュタビューラ郡監査役の章
アシュタビューラ郡図

郡区[編集]

アシュタビューラ郡は下記27の郡区に分割されている。

  • アンドーバー
  • アシュタビューラ
  • オースティンバーグ
  • チェリーバレー
  • コールブルック
  • デンマーク
  • ドーセット
  • ジェネバ
  • ハーパーズフィールド
  • ハーツグローブ
  • ジェファーソン
  • キングスビル
  • レノックス
  • モンロー
  • モーガン
  • ニューライム
  • オーウェル
  • ピアポント
  • プリマス
  • リッチモンド
  • ローム
  • セイブルック
  • シェフィールド
  • トランブル
  • ウェイン
  • ウィリアムズフィールド
  • ウィンザー

都市と町[編集]

都市[編集]

[編集]

  • ノースキングスビル
  • オーウェル
  • ローミングショアーズ
  • ロッククリーク

国勢調査指定地域[編集]

  • エッジウッド

未編入の町[編集]

  • オースティンバーグ
  • ドーセット
  • イーグルビル
  • フットビル
  • キングスビル
  • ピアポント
  • ユニオンビル
  • ウィリアムズフィールド
  • ウィンザー

文化[編集]

郡内にはフィンランド系アメリカ人が多い。毎年アシュタビューラ市でフィンフェストUSAが開催されている[6]。また屋根付橋の数も多い。

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Ohio County Profiles: Ashtabula County (PDF)”. Ohio Department of Development. 2007年4月28日閲覧。
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Ashtabula County - accessed 2011-12-06.
  3. ^ American FactFinder - Jefferson, Ohio - accessed 2011-12-06.
  4. ^ Quickfacts.census.gov - Ashtabula, Ohio - accessed 2011-12-06.
  5. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。
  6. ^ [1]

外部リンク[編集]

座標: 北緯41度53分 西経80度46分 / 北緯41.89度 西経80.76度 / 41.89; -80.76