コロンビアナ郡 (オハイオ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オハイオ州コロンビアナ郡
オハイオ州コロンビアナ郡の紋章
郡章
コロンビアナ郡の位置を示したオハイオ州の地図
郡のオハイオ州内の位置
オハイオ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1803年5月1日[1]
郡名の由来 クリストファー・コロンブス
郡庁所在地 リスボン
最大の都市 セイラム
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,385 km2 (534.69 mi2)
1,378 km2 (531.89 mi2)
7 km2 (2.80 mi2), 0.52%
人口
 - (2010年)
 - 密度

107,841人
78人/km2 (202.7人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.columbianacounty.org

コロンビアナ郡: Columbiana County)は、アメリカ合衆国オハイオ州の東部に位置するである。2010年国勢調査での人口は107,841人であり、2000年の112,075人から3.8%減少した[2]郡庁所在地リスボン村(人口2,821人[3])であり、同郡で人口最大の都市はセイラム市(人口12,303人[4])である。

コロンビアナ郡はその全体で、セーラム小都市圏を構成している。またヤングスタウン・ウォーレン広域都市圏を構成する4郡の1つである。郡名はクリストファー・コロンブスから採られた[5]

歴史[編集]

コロンビアナ郡となった地域に住んでいたインディアンはワイアンドット族、ミンゴー族、デラウェア族だった。1750年のクリストファー・ギストを初めとし、18世紀後半を通じて白人探検家が地域に入ってきた。土地の測量に携わっていた時期のジョージ・ワシントンが、1774年に現在のイーストリバプール地域で宿営したことがあった。

コロンビアナ郡は1803年に設立され、郡名はクリストファー・コロンブスから採られた。南北戦争のときに、戦闘が行われた場所としては最北にあった。1863年、ジョン・ハント・モーガンの指揮する南軍襲撃隊がこの地域まで侵入し、北軍に降伏して捕らえられた。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は534.69平方マイル (1,384.8 km2)であり、このうち陸地531.89平方マイル (1,377.6 km2)、水域は2.80平方マイル (7.3 km2)で水域率は0.52%である[6]

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1810 10,878
1820 22,033 102.5%
1830 35,592 61.5%
1840 40,378 13.4%
1850 33,621 −16.7%
1860 32,836 −2.3%
1870 38,299 16.6%
1880 48,602 26.9%
1890 59,029 21.5%
1900 68,590 16.2%
1910 76,619 11.7%
1920 83,131 8.5%
1930 86,484 4.0%
1940 90,121 4.2%
1950 98,920 9.8%
1960 107,004 8.2%
1970 108,310 1.2%
1980 113,572 4.9%
1990 108,276 −4.7%
2000 112,075 3.5%
2010 107,841 −3.8%
Population 1810-2010.[1][7]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 112,075人
  • 世帯数: 42,973 世帯
  • 家族数: 30,682 家族
  • 人口密度: 81人/km2(210人/mi2
  • 住居数: 46,083軒
  • 住居密度: 33軒/km2(86軒/mi2

人種別人口構成

先祖による構成

  • ドイツ系:24.0%
  • イギリス系:12.9%
  • アメリカ人:12.8%
  • アイルランド系:12.3%
  • イタリア系:9.3%

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 24.3%
  • 18-24歳: 7.8%
  • 25-44歳: 28.6%
  • 45-64歳: 24.2%
  • 65歳以上: 15.0%
  • 年齢の中央値: 38歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 98.8
    • 18歳以上: 96.6

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 31.7%
  • 結婚・同居している夫婦: 57.1%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 10.3%
  • 非家族世帯: 28.6%
  • 単身世帯: 24.8%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 11.9%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.52人
    • 家族: 3.00人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 34,226米ドル
    • 家族: 40,486米ドル
    • 性別
      • 男性: 32,134米ドル
      • 女性: 20,331米ドル
  • 人口1人あたり収入: 16,655米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 11.5%
    • 対家族数: 9.0%
    • 18歳未満: 16.2%
    • 65歳以上: 8.4%

郡政府[編集]

コロンビアナ郡図

郡区[編集]

コロンビアナ郡は下記18の郡区に分割されている。

  • バトラー
  • センター
  • エルクラン
  • フェアフィールド
  • フランクリン
  • ハノーバー
  • ノックス
  • リバプール
  • マディソン
  • ミドルトン
  • ペリー
  • セイラム
  • セントクレア
  • ユニティ
  • ワシントン
  • ウェイン
  • ウェスト
  • イエロークリーク

都市[編集]

[編集]

  • ミナーバ
  • ニューウォーターフォード
  • ロジャーズ
  • セイリーンビル
  • サミットビル
  • ワシントンビル
  • ウェルズビル

国勢調査指定地域[編集]

  • カルカッタ
  • グレンムーア
  • ラクロフト

未編入の町[編集]

  • クラークソン
  • ダマスカス
  • イーストロチェスター
  • エルクトン
  • フレデリックタウン
  • ホームワース
  • ケンジントン
  • ネグリー
  • ノースジョージタウン
  • ウェストポイント
  • ウィノナ

脚注[編集]

  1. ^ a b Ohio County Profiles: Columbiana County (PDF)”. Ohio Department of Development. 2007年4月28日閲覧。
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Columbiana County - accessed 2011-12-06.
  3. ^ American FactFinder - Lisbon, Ohio - accessed 2011-12-06.
  4. ^ Quickfacts.census.gov - Salem, Ohio - accessed 2011-12-06.
  5. ^ Columbiana County data”. Ohio State University Extension Data Center. 2008年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月28日閲覧。
  6. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。
  7. ^ http://quickfacts.census.gov/qfd/states/39/39029.html

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度46分 西経80度47分 / 北緯40.77度 西経80.78度 / 40.77; -80.78