シノノメサカタザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シノノメサカタザメ
Rhina ancylostoma.jpg
シノノメサカタザメ
Rina ancylostoma
保全状況評価[1]
VULNERABLE (IUCN Red List Ver.3.1(2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: ガンギエイ目 Rajiformes
: シノノメサカタザメ科 Rhinidae
: シノノメサカタザメ属 Rhina
: シノノメサカタザメ
R. ancylostoma
学名
Rhina ancylostoma
Bloch & Schneider, 1801
英名
Bowmouth guitarfish
Shark ray
Mud skate

シノノメサカタザメ (東雲坂田鮫、Rhina ancylostoma) は、ガンギエイ目シノノメサカタザメ科に属するエイ。1科1属1種。暖かい沿岸に生息する大型のエイで、全長3mになる。

外見や泳ぎ方はサメのようであり、和名も「-ザメ」とつくことから、サメの仲間と間違われやすい。英名では、Bowmouth guitarfish("Bowmouth"=弓状の、"Guitarfish"=サカタザメの仲間)やShark ray(サメのようなエイといった意)、Mud skate(質の海底を好むことから。"Skate"=ガンギエイ型のエイ)といった呼び名がある。

分布・生息域[編集]

インド洋・西太平洋熱帯から温帯海域に広く分布する。生息水深帯は3-90m[2]。沿岸性で、サンゴ礁砂泥質の海底付近を好む。

形態[編集]

最大で全長300cm体重135.0kgに達する[2]。エイとサメの中間のような体型だが、裂が面にあることからエイの仲間であることが分かる。側の体色はみがかった灰色褐色で、色の斑模様がある。腹側は白色。幼魚では斑模様がより顕著で、両の間に暗色帯が複数本ある。吻は扁平で丸い。両目の上と、目の後ろから背中にかけて状の隆起がある。2基の背はいずれも背が高く、後縁は湾入している。尾鰭は状で、上葉・下葉がはっきりしている。

生態[編集]

沿岸に生息するエイの一種だが、に潜ったり海底で休んだりする姿はほとんど見られず、常に海底付近を活発に遊泳する。他の多くのエイ類とは異なり、発達した尾鰭を左右に振って推進力を得る。

底生性の甲殻類貝類硬骨魚類捕食する。

胎生は150-175cmで成熟する[3]

人との関わり[編集]

東南アジアなどでは漁業対象になる。さまざまな漁網混獲される。は食用になり、大型個体の鰭は高値で取引される。ダイナマイトを用いた漁サンゴの白化森林伐採により引き起こされるシルテーションなどで生息環境が破壊され、数は減少している[1]

日本では数は少なく、漁業の対象にはならない。まれににかかったものを水族館が引き取る場合がある。飼育環境下でも長期間生存し、大型水槽を備えた各地の水族館で展示している。

参考文献[編集]

  1. ^ a b McAuley, R. & Compagno, L.J.V. 2003. Rhina ancylostoma. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4. <www.iucnredlist.org>. Downloaded on 27 December 2010.
  2. ^ a b Rhina ancylostoma Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2010.FishBase. World Wide Web electronic publication. www.fishbase.org, version (09/2010).
  3. ^ Last, P.R. and J.D. Stevens (2009). Sharks and Rays of Australia (second ed.). Harvard University Press.