コビントン (ケンタッキー州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コビントンのダウンタウン
ジョン・A・ローブリング・サスペンション・ブリッジ。対岸はシンシナティのダウンタウン

コビントンCovington)は、アメリカ合衆国ケンタッキー州北部ケントン郡に位置する都市オハイオ川をはさんでシンシナティの対岸に位置し、同市郊外の住宅地として発展している。人口は40,640人(2010年国勢調査)で、ケンタッキー州第5の規模であるが、その大部分はシンシナティへの通勤者、およびその家族である。コビントンとシンシナティとはジョン・A・ローブリング・サスペンション・ブリッジ(John A. Roebling Suspension Bridge)という吊り橋で結ばれている。

地理[編集]

コビントンは北緯39度3分54秒西経84度30分35秒(39.065111, -84.509594)に位置している。同市はオハイオ川に面し、シンシナティの対岸に位置している。

アメリカ合衆国統計局によると、コビントン市は総面積35.4km²(13.7mi²)である。そのうち34.0km²(13.1mi²)が陸地で1.4km²(0.5 mi²)が水域である。総面積の3.88%が水域となっている。

名所[編集]

コビントン大聖堂

市内の見どころとしては、1894年に建てられたコビントン大聖堂Cathedral Basilica of the Assumption)が挙げられる。このカトリック大聖堂バシリカ式で、ノートルダム大聖堂に似せて造られた。

交通[編集]

コビントンを含むシンシナティ大都市圏の玄関口となっている空港はシンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港である。同空港のIATA空港コードであるCVGはコビントンからきている。実際には、同空港は近隣の所属未定地であるヘブロン(Hebron)に位置している。同空港はデルタ航空ハブ空港であり、全米およびヨーロッパからの航空機の便がある。

都市圏内の交通としては、北部ケンタッキー交通局(Transit Authority of Northern Kentucky、TANK)の運営する路線バスがあり、コビントンを含む北ケンタッキー地区とシンシナティの中心部とを結んでいる。

人口動勢[編集]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 43,370人
  • 世帯数: 18,257世帯
  • 家族数: 10,132家族
  • 人口密度: 1,274.4人/km²(3,301.3人/mi²)
  • 住居数: 20,448軒
  • 住居密度: 600.8軒/km²(1,556.5軒/mi²)

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 25.9%
  • 18-24歳: 10.0%
  • 25-44歳: 33.3%
  • 45-64歳: 19.0%
  • 65歳以上: 11.9%
  • 年齢の中央値: 33歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 95.9
    • 18歳以上: 92.0

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 28.8%
  • 結婚・同居している夫婦: 34.3%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 16.5%
  • 非家族世帯: 44.5%
  • 単身世帯: 36.5%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 12.0%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.31人
    • 家族: 3.08人

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 30,735米ドル
    • 家族: 38,307米ドル
    • 性別
      • 男性: 31,238米ドル
      • 女性: 24,487米ドル
  • 人口1人あたり収入: 16,841米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 18.4%
    • 対家族数: 15.5%
    • 18歳未満: 25.0%
    • 65歳以上: 13.4%

参考文献[編集]

外部リンク[編集]