有機体論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

有機体論(ゆうきたいろん、英:organicism [注 1])とは、生命現象の基本というのは、部分過程がorganize(組織・編成)されて、そのシステム)に固有の平衡または発展的変化を可能にしている点にある、とする立場[1]のことである。

有機体論は、生命現象というのは、あくまで有機体の物質と過程がある特定な結合状態・秩序にあるときに(のみ)可能なものなのだということ、Systemeigenschaften(そのに具わる特性)である、ということに力点を置く[1][注 2]

20世紀前半では、L.ベルタランフィーウッジャーJoseph Henry Woodger)、W.E.リッターWilliam Emerson Ritter)、Edna.W.Baileyらによって論じられた[1]。その後も現在にいたるまで、多くの賛同者がいる。

歴史[編集]

もともと生命をどのように見るのかについては、古代からいくつかの見方があった。(なお、生命に限らず、そもそも、人間のものの考え方は様々である。)

ギリシアでは、イオニア自然学(自然哲学)に見られる世界観自然観)では、自然の変化をプシュケーによるものとして説明した。それに対して、アナクサゴラスやデモクリトスは、 原子 (atom)[注 3]という、微細な物質的な要素を想定し、そうした要素に基づいた世界観を主張した(原子論)。その後、デモクリトスたちの世界観は顧みられることなく、思い出されたのは近代になってからである。

近世になると、ヨーロッパでデカルトが、延長という概念を用いて、もっぱら要素的な物体の領域に着目する機械論的な世界観を主張した。同様に、ライプニッツは、モナド論を展開し、精神や生命を認めても、機械論的な世界観が成立することを示した。カントは、有機的な自然には合目的性が働いている、とした。そして全体と部分とは相互に制約しあう統一体である、とした(『判断力批判』)。

近現代では、ホワイトヘッド(1861-1947)は、有機体の創発性や過程性について考察し、環境とともに生成しつつ秩序を形成する組織体としてとらえた[2]。そして『過程と実在』において、全宇宙の生命が有機体的に自己創造することを壮大なコスモロジーとして説いた[2]

L.ベルタランフィーLudwig von Bertalanffy)が説いた有機体論では、Fliessgleichgewicht 流動平衡(内容的に動的平衡とほぼ同じもの)とhierarchy 階層構造の概念が中心的な役割を果たしている[2]

有機体論は、今日の人間科学の基礎理論としても位置づけられている。例えば化学者プリゴジン自己組織化理論、あるいは神経生理学マトゥラーナ社会学者ルーマンオートポイエーシス・システム理論などで、基礎理論として用いられているのである。[2]

参考文献[編集]

  • 岩波生物学辞典 第4版【有機体論】
  • 岩波 哲学思想事典【有機体(論)】新田義弘 執筆

出典[編集]

出典

  1. ^ a b c 岩波生物学事典第四版
  2. ^ a b c d 岩波 哲学思想事典【有機体(論)】

脚注

  1. ^ 他言語では、:organicisme、:Organizismus
  2. ^ 説いているテーマは生命論ではあるが、なかば人間の思考パターン自体の問題点を指摘している。例えば、<<家>>にはその下位要素として確かにドアや窓や屋根があるが、だからといって、家を一旦バラバラにして、ドアや窓や屋根などの要素を、たとえ全てであっても、空き地に乱雑に山のように積み上げても、それはもはや <<家>> では全然なく、ただのガレキにすぎない、 <<家>>と呼べるのはあくまでドア・窓・屋根などが特定の位置関係で、特定の結合状態で、特定の秩序にあるときである、といったことである。つまり、初学者が陥りがちな、また学者ですらしばしば陥ってしまうことがある、思慮の足らない還元主義という思考パターンの問題点の指摘が内に含まれている。
  3. ^ 現代の化学における原子とは同一であるとは限らない。

関連文献[編集]

書籍類
  • William Emerson Ritter, The unity of the organism; or, The organismal conception of life, R.G. Badger, 1919
  • ルートヴィヒ・フォン・ベルタランフィ『生 命―有機体論の考察』みすず書房、1974、ISBN 4622016753
  • ホワイトヘッド『過程と実在』 (平林康之訳、上・下 みすず書房、1981~83 ISBN 4622017601,ISBN 462201761X
  • ホワイトヘッド『過程と実在 ―生命の躍動的前進を描く「有機体の哲学」』(山本誠作訳、晃洋書房 2011 ISBN 4771022356
  • 西川富雄『自然とその根源力 』(叢書ドイツ観念論との対話)、ミネルヴァ書房 1993 ISBN 4623023656
  • 野尻英一『意識と生命――ヘーゲル『精神現象学』における有機体と「地」のエレメントをめぐる考察』社会評論社、2010、ISBN 4784508996
論文類

関連項目[編集]