ウズベキスタンのサッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

本項目では、ウズベキスタン国内におけるサッカー競技について記述する。

サッカーはウズベキスタンが独立を果たした1991年以降、国内において最も人気の高いスポーツである。国内のサッカーを統括する団体であるウズベキスタンサッカー連盟 (UFF) はFIFAAFCに加盟しており、アジアの全ての国際大会に参加している[1]

歴史[編集]

ソビエト連邦時代[編集]

ウズベキスタンにはサッカーが1920年代に伝えられ、プレーが開始された。1926年ウズベク・ソビエト社会主義共和国 (ウズベクSSR) において初のサッカー選手権[2] (後のウズベク・リーグ) が開催された。スボルナヤ・タシュケント (Sbornaya Tashkent, ロシア語: сборная Ташкент、タシュケント選抜チーム) やソコル・タシュケント (Sokol Tashkent, ロシア語: сокол Ташкент) がこの大会において優勝回数の多いクラブとなった。しかし、国内で最も優勝回数の多いクラブはFCパフタコール・タシュケントであり、パフタコール・タシュケントはウズベクSSRの時代にソ連サッカーリーグで22シーズンに渡って1部でプレーするなど国内だけでなくソビエト連邦内でも強豪クラブとして知られていた[3]ウズベキスタンサッカー連盟第二次世界大戦後の1946年に設立された。(この当時はソビエト連邦内の1共和国のサッカー連盟としての位置づけだった。)

ベラドル・アブドゥライモフ[4]はソビエト連邦時代にウズベキスタンで最も有名なサッカー選手となった。彼はFCパフタコール・タシュケントで358ゴールを決め[5]1968年にはソ連サッカーリーグ1部において得点王を獲得した。また、アブドゥライモフはサッカーソビエト連邦代表にも選出された。

1961年から1992年まで、複数のウズベキスタンのサッカー選手がサッカーソビエト連邦代表に選出された。以下に選手の名前を記す。

氏名 ポジション 所属チーム キャップ(ゴール) 期間
ゲンナディー・クラスニツキー FW ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 3(1) 1961
ベラドル・アブドゥライモフ FW ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ?(?) 1967[6]
ユーリイ・プシェニチュニコフ GK ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 21(0) 1966-1970
ウラジーミル・フョードロフ FW ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 18(0) 1974-1978
ヴァシリス・ハツィパナギス MF ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 4(1) 1975
ミハイル・アン MF ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 2(0) 1978
アンドレイ・ピャトニツキー MF ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
独立国家共同体の旗 CIS
6(2) 1990-1992

独立以降[編集]

独立間もない1994年、ウズベキスタンサッカー連盟が再度設立され、FIFAAFCに加盟した。 同じ年、サッカーウズベキスタン代表1994年アジア競技大会におけるサッカー競技においてアジア競技大会サッカー競技及びアジアの国際大会に初出場し、初優勝を達成した。そして2003年、ウズベキスタンサッカー連盟はさらなる成功を得ることとなった。U-20サッカーウズベキスタン代表がアジア予選を勝ち抜き、アラブ首長国連邦で開催された2003 FIFAワールドユース選手権に出場した。これは全年齢層を通して国内初の世界大会出場となった。また、ウズベキスタン代表は2011年に開催されたAFCアジアカップ2011においてこれまでの最高位となる4位に入った。

ウズベクSSR時代を含め、ウズベキスタンで最も成功を収めているクラブはFCブニョドコルFCパフタコール・タシュケントである。ウズベキスタンのクラブは毎年独立国家共同体の間で開催されているCISカップに参加している。

独立以降にプレーした選手で有名なウズベキスタンのサッカー選手としてはセルヴェル・ジェパロフ (2008年アジア最優秀選手)、イーゴリ・シュクヴィリン (1994年アジア競技大会最多得点選手)、ミルジャラル・カシモフ (1994年アジア競技大会最優秀選手)、マクシム・シャツキフ (アジアのサッカー選手としてUEFAチャンピオンズリーグ最多出場、最多得点) などがいる。

関連項目[編集]

脚注[編集]