ウズベキスタンの交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブハラ駅の様子

投資額の低下や整備の稚拙さから、ウズベキスタンの国土全体に渡る交通網のインフラはソビエト連邦から独立した後大きくその質を落としている。2000年台前半には政府の大規模投資により国内主要都市に空港が整備され、空港の整備も進行中である[1]ソビエト連邦時代の交通事情に関してはソビエト連邦の交通英語版を参照のこと。

鉄道[編集]

タシュケント・サマルカンド高速鉄道

2005年時点において、ウズベキスタンには3,950km鉄道が整備されており、約620kmが電気鉄道である。しかし、ウズベキスタン国内の鉄道網に関しては大部分が整備が必要な状態にある。国内最長の路線は首都タシュケントからアムダリア川流域までを結ぶカスピ海横断鉄道である。この鉄道はカザフスタンキルギスタジキスタンアフガニスタン英語版トルクメニスタンとウズベキスタンを結んでいる。また、2011年10月にはタシュケントサマルカンドを結ぶタシュケント・サマルカンド高速鉄道 (アフラシャブ号) が開通した[2]

タシュケント地下鉄カザフスタンアルマトイ地下鉄が開通するまで中央アジア唯一の地下鉄だった[1]

最新のタシュケント地下鉄の路線や整備計画に関する情報に関しては以下のサイトを参照のこと。(uzrailway.uz)

路線図[編集]

タシュケント地下鉄の路線図: 地下鉄路線図 (PDF)

高速道路[編集]

2005年時点において、ウズベキスタンには84,400km道路があり、内約72,000kmが舗装道路である。道路のインフラ整備は首都タシュケント以外ではあまり進んでいない。2006年時点において、ウズベキスタン国内の高速道路整備計画はない。2000年台前半にはアフガニスタンへの人道支援物資供与のためアメリカ合衆国の整備士がテルメズ空港付近の道路の整備を行い状況が改善された。ウズベキスタンはアジアハイウェイ参加国であり、数本の国道はアジアハイウェイとして利用されている[1]

港と水路[編集]

二重内陸国であるウズベキスタンには海に面するはない。ただ、アムダリヤ川が付近を流れるテルメズには河川港がある。テルメズ港は規模が小さく現代的な設備が揃っているわけではないものの、国境を接するアフガニスタンの情勢が安定化するにつれ貿易額は増加している。テルメズはアフガニスタンに人道支援物資を届ける際の玄関口として重要な役割を果たしている[1]

ウズベキスタンには約1,100kmの内陸水路網がある。1990年台後半より、アムダリヤ川の水量が減少したことでアムダリア川付近への観光ツアーは減少傾向にある[1]

パイプライン[編集]

2006年時点において、ウズベキスタンには9,594kmの天然ガスパイプラインと868kmの石油パイプライン、33kmの石油精製用パイプラインがある[1]

空港[編集]

2006年時点において、ウズベキスタンには34の舗装路を有する空港があり、そのうち6つは3,000m以上の滑走路を有する。最長の滑走路を有するタシュケント国際空港にはアエロフロート・ロシア航空ルフトハンザドイツ航空トランスアエロ航空トルコ航空が就航しヨーロッパや中東の都市とウズベキスタンを結んでいる。また、モスクワを経由したニューヨークロサンゼルスへの便も発着している。日本とはウズベキスタン航空成田国際空港との定期便を運航している。ウズベキスタン航空は国内便の他、主にCIS諸国への国際便を運航している。燃料不足などの事情により、ウズベキスタン航空はしばしば運航スケジュールが変更される[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g COUNTRY PROFILE: UZBEKISTAN”. Library of Congress – Federal Research Division (2007年2月). 2013年1月18日閲覧。
  2. ^ Uzbekistan receives first high-speed train from Spain”. Railway Insider. 2011年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月18日閲覧。