チルチク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チルチク
Chirchiq / Чирчиқ
市中心部
チルチクの位置(ウズベキスタン内)
チルチク
チルチク
位置図
座標: 北緯41度28分08秒 東経69度34分56秒 / 北緯41.46889度 東経69.58222度 / 41.46889; 69.58222
Flag of Uzbekistan.svg ウズベキスタン
タシュケント州
建設 1935年
行政
 - 種別
 - 市長 F.H. Khairullaev
面積
 - 計 34km2 (13.1mi2)
標高 582m (1,909ft)
人口 (2010年)
 - 計 143,600人
 - 人口密度 4,224人/km² (10,940.1人/mi²)
等時帯 UTC+5
郵便番号 111700
市外局番 +998-7071

チルチクウズベク語: Chirchiq, Чирчиқロシア語: Чирчик)はウズベキスタンタシュケント州の都市である。首都タシュケントより32km北東、大チムガン英語版を含むチャトカル山脈の麓にあり[1]、付近にはチャトカル川チルチク川が流れる。推定人口14万人。Chirchikと表記されることもある。

概要[編集]

ソビエト連邦統治下の1935年にチルチク川における水力発電所建設の際に設立された。都市名は「騒がしい」を意味し、チャトカル川、チルチク川の水量の多さより名付けられた。

主な産業は農業であり、野菜や、メロンぶどうを含む果物を生産している。また、街の工場では集団農場用の化学肥料や、合金、農業用機械、化学工業用機械の生産が行われており、硝酸アンモニウムなどの化学肥料の生産については国内最大量を誇る[2]。生産を行なっているスペインの「マシャム社 (MAXAM)」との合資企業[3]「JSCマシャム・チルチク (Joint Stock Company Maxam-Chirchiq)」は国際的な賞も受賞しており[4]、化学肥料をCIS諸国の他、ヨーロッパアメリカ合衆国ラテンアメリカ諸国、オーストラリアなど世界中に輸出している。

チルチクはタシュケント州における冬季のレクリエーションの中心地である。市付近の「ウズベキスタンのスイス」と呼ばれる[5]チムガンというスキー場には、12月から3月までロシア中央アジアより多くの観光客が訪れ、春季以降はロッククライマーが多く訪れる。また、市付近を流れるチルチク川はタシュケント州の他の都市への重要な飲料水の供給源となっている。

人口構成[編集]

ウズベク人が主に居住している。外国人としては、割合の多い順に、キルギス人、タジク人、ロシア人、ウクライナ人、アルメリア人、タタール人高麗人ユダヤ人カザフ人が住んでいる。

教育機関[編集]

  • チルチク社会経済大学
  • メディカル・カレッジ
  • インダストリアル・カレッジ

出身人物[編集]

出典[編集]

  1. ^ Uzbekistan mountains pagetour.org、2012年10月22日閲覧。
  2. ^ Maxam-Chirchiq to launch capacities on production of low-density ammonium nitrate uzinfoinvest.uz、2011年9月21日掲載、2012年10月22日閲覧。
  3. ^ Maxam-Chirchiq to modernize nitric acid production capacities uzdaily.com、2010年3月5日掲載、2012年10月22日閲覧。
  4. ^ ОАО «MAXAM-CHIRCHIQ» maxam-chirchiq.uz、2012年10月22日閲覧。
  5. ^ Chimgan: Winter and Summer Getaway advantour.com、2012年10月22日閲覧。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯41度28分 東経69度35分 / 北緯41.467度 東経69.583度 / 41.467; 69.583