ヌクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヌクス
Noʻkis
Nukus
ヌクス美術館
ヌクス美術館
座標 : 北緯42度28分 東経59度36分 / 北緯42.467度 東経59.600度 / 42.467; 59.600
行政
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン
 自治共和国 Flag of Karakalpakstan.svg カラカルパクスタン
 市 ヌクス
人口
人口 (2004年現在)
  市域 260,000人

ヌクスカラカルパク語Noʻkis/Нөкисウズベク語:Nukus)は、ウズベキスタン都市。同国西部の自治共和国であるカラカルパクスタン共和国首都である。

人口2004年推計で約26万人であり、カラカルパクスタンでは最大の都市。また、ウズベキスタン全土の中でも5番目の人口を抱える。アムダリヤ川がヌクス西部を流れている。

歴史[編集]

ソビエト連邦内でカラカルパク・ソビエト社会主義自治共和国が成立した1932年を境に、それまで小さな集落に過ぎなかったヌクスは、その首都として急速に発展を遂げることとなる。市内にはソビエト式の大通りや公共住宅が建設され近代化が進められたが、その一方で、化学兵器の研究・実験を進めた化学研究所が赤軍(後のソビエト連邦軍)の手により建設されていた。その原因の1つは、ヌクスが他の都市から離れた場所に位置する小都市であったことが挙げられる。

観光[編集]

ヌクスにはヌクス美術館(イゴール・サヴィツキー記念カラカルパクスタン共和国国立美術館)と共和国国立博物館がある。博物館には遺産や埋蔵物、伝統的な宝飾品、衣装、楽器、または絶滅または危機に晒されているこの地域の動植物標本、アラル海周辺問題についての展示などがある。美術館には1918年-1935年以降の近現代ロシア及びウズベキスタン芸術が収蔵されている。この時期ヨシフ・スターリンはロシア民族以外の芸術を滅亡させようとし、ほとんどの芸術家の多くをグラグへ送致したが、キエフ出身のイゴール・サヴィツキーロシア語版英語版が収集した彼らの作品はヌクスが遠隔地であったため難を逃れた[1]

ヌクスにはまた、国際連合児童基金が資金提供している英語教育施設であるプログレス・センターがあり、旧コムソモール講堂を使用している[2]

環境問題[編集]

ソビエト連邦の崩壊後、アラル海の縮小で砂漠化害虫問題が深刻化し、ヌクスは環境汚染が深刻化している地域の1つとなっている。循環器関連の病気や遺伝子疾患などの確率が比較的高くなっている。

脚注[編集]

  1. ^ Tom Bissell, Chasing the Sea, Pantheon (2003). ISBN 0375421300. p. 323–324.
  2. ^ Bissell, Chasing the Sea, p. 325–326.

外部リンク[編集]