ルスラン・チャガエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルスラン・チャガエフ
RuslanChagaev.jpg
基本情報
本名 ルスラン・チャガエフ
通称 White Tyson(ホワイト・タイソン)
階級 ヘビー級
身長 180cm
国籍 ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン
誕生日 1978年10月19日(35歳)
出身地 ウズベキスタンアンディジャン
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 35
勝ち 32
KO勝ち 20
敗け 2
引き分け 1
テンプレートを表示
獲得メダル
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン
男子 ボクシング
世界ボクシング選手権
2001 ベルファスト スーパーヘビー級
アジア競技大会
1998 バンコク ヘビー級
アジアボクシング選手権
1995 タシュケント ヘビー級
1999 タシュケント ヘビー級

ルスラン・チャガエフRuslan Chagaev、男性、1978年10月19日 - )は、ウズベキスタンプロボクサー
第58代WBA世界ヘビー級王者。

アマチュアボクシングの確かなテクニックをベースにしたサウスポーのボクサー。体格や顔つきがマイク・タイソンと似ていることから「White Tyson(ホワイト・タイソン)」のニックネームを持っている。アマチュア時代にはウズベキスタン代表として1996年アトランタオリンピック2000年シドニーオリンピックに出場経験を持つ。肝炎を患っているとされており、肝炎を理由に試合が何度かキャンセルされている。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

チャガエフの若年は、プロボクシングの土壌のない東欧の旧共産圏出身であるため、アマチュアボクシングの場で活躍をした。アマチュア時代の戦績は85戦82勝と報告されている。また、アマチュア時代は、2度の世界チャンピオン、2度のオリンピック出場、そして1997年1999年の2回キューバオリンピック3連覇アマチュアボクサー、フェリックス・サボンに勝利した[1]、という経歴の持ち主である。また、1997年に1度プロに転向し、その後またアマチュアに戻るという珍しい経歴も持っている。

  • 1995年:アジア選手権ヘビー級 - 金メダル
  • 1996年:アトランタオリンピックウズベキスタン代表で出場 - 初戦敗退
  • 1996年:ジュニア世界選手権ヘビー級 - 銅メダル
  • 1997年:アマチュア世界選手権ヘビー級 - 金メダル(後に剥奪)[2]
  • 1998年アジア大会ヘビー級 - 金メダル
  • 1999年:アマチュア世界選手権ヘビー級出場 - 3回戦でフェリックス・サボンに敗れる。
  • 1999年:アジア選手権ヘビー級 - 金メダル
  • 2000年:シドニーオリンピックウズベキスタン代表で出場 - 2回戦敗退
  • 2001年:アマチュア世界選手権ヘビー級 - 金メダル

プロ時代[編集]

チャガエフは実は1997年にプロデビューしており、8月21日、9月3日と2試合を行っている。アマチュアとしても活躍をしている時期であり後にこれが発覚し1997年の世界選手権金メダルを剥奪されている。発覚後はプロとしての活動を自粛しており、2度目となるプロデビューは2001年の世界選手権で金メダルを獲得後、2001年9月21日である。

プロ転向後は1つの引き分けを除き、勝利を重ね、2006年3月11日にWBAインターコンチネンタルヘビー級王座とWBOインターコンチネンタルヘビー級王座を獲得した。また、同年7月15日には空位だったWBOアジア太平洋ヘビー級王座も獲得した。

さらに11月18日にはジョン・ルイスとWBA世界ヘビー級王座指名挑戦権を賭けて対戦し、これに12回判定で勝利しWBA世界ヘビー級王座の挑戦権を手に入れた。

2007年4月14日、WBA世界ヘビー級王者ニコライ・ワルーエフドイツで対戦し、12回2-0判定で勝利した。チャガエフは序盤から足を使ったボクシングを展開しペースを支配し、中盤以降はワルーエフの右ストレートに対し左ストレートを上手く重ね合わせ、身長差約30cmというハンデを跳ね除けて勝利を飾った。

2007年10月13日、モスクワスルタン・イブラギモフと統一戦を行う予定であったがB型肝炎と診断され試合は中止された[3]

2008年1月19日、元K-1ファイターでもあるマット・スケルトンと初防衛戦で対戦。判定勝ちし、初防衛に成功。

その後、6月には指名挑戦者ニコライ・ワルーエフとリターンマッチを戦う予定であったが、アキレス腱の負傷により暫くリングに上がれないことになった。これを受けてWBAはチャガエフに王座を保持させたまま“WBA CHAMPION IN RECESS”(休養王者)として扱うことを決め、正規王座を空位とした。2008年8月30日には1位ニコライ・ワルーエフと2位ジョン・ルイスとがその正規王座をめぐって王座決定戦を争い、勝利を収めたワルーエフがWBA世界ヘビー級の正規王者として認定された。この後で、チャガエフとワルーエフは2009年6月26日までに対戦するようWBAから指示を受けた[4]

2009年2月7日、約1年ぶりとなった復帰戦でカール・デービス・ドラモンド(コスタリカ)と対戦。偶然のバッティングによるチャガエフの傷がひどく、3-0(58-56、60-54、58-56)の6回終了時負傷判定勝ちを収めWBA世界ヘビー級王座の通算2度目の防衛に成功した。

並立した王座の統一戦として、2009年5月30日にニコライ・ワルーエフとフィンランドヘルシンキで対戦することになっていたが、チャガエフは前日計量後の検診に応じず契約不履行により中止された[5]。この時も肝炎が原因と伝えられている。

2009年6月20日、ドイツのヴェルティンス・アレーナウラジミール・クリチコの持つIBF・WBO・IBO世界ヘビー級王座に、自身の持つWBA世界ヘビー級休養王座は懸けずに挑戦。2回にダウンを奪われるなどしてペースを掴めず、左目上負傷による棄権で10回0分1秒TKO負けとなり、初黒星を喫した。7月24日発表のランキングではWBA世界ヘビー級王座を剥奪されている。

2011年8月27日、同年7月2日に行われたデビッド・ヘイの持つWBA世界ヘビー級王座とウラジミール・クリチコのもつIBF・WBO・IBO世界ヘビー級王座を懸けた一戦でクリチコがヘイに勝利し[6]、WBA規定でクリチコがスーパー王座に認定されたことに伴うWBA世界ヘビー級王座決定戦をエアフルトのメッセハレでアレクサンデル・ポベトキンと行い、0-3(113-117、113-117、112-116)の判定負けを喫しWBA世界ヘビー級王座への返り咲きに失敗した[7]

2013年10月5日、モスクワオリンピック・スタジアムPABAヘビー級王者ジョボ・プダールと対戦し、3-0(117-109、118-108、115-111)の判定勝ちを収め王座を獲得した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1回目は1997年のアマチュア世界選手権の決勝で14-4で勝利し、2回目は1999年にブルガリアで行われたインターナショナル・ボクシング・カップの決勝で7-2で勝利した。しかし、3回目の対戦となる1999年の世界選手権では2-9で敗れてしまう。
  2. ^ 後にプロボクシングデビューしていたことが判明し、金メダルは剥奪された。
  3. ^ Skelton to face Chagaev for WBA heavyweight title”. USA.Today (2007年12月6日). 2013年11月25日閲覧。
  4. ^ ワルーエフ-J.ルイスで決定戦 WBAヘビー級月刊ボクシングワールド」オフィシャルサイト 2008年7月24日閲覧
  5. ^ ワルーエフ-チャガエフ戦ドタキャン 「月刊ボクシングワールド」オフィシャルサイト 2009年6月1日閲覧
  6. ^ クリチコ、ヘイに判定勝ち=ヘビー級3団体統一王者に-ボクシング 時事ドットコム 2011年7月3日
  7. ^ ポベトキン、チャガエフ下す WBAヘビー級レギュラー王座決定戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年8月28日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ニコライ・ワルーエフ
第58代WBA世界ヘビー級王者

正規:2007年4月14日 - 2009年7月(剥奪)
休養:2008年6月 - 2009年7月

空位
次タイトル獲得者
ニコライ・ワルーエフ