カルシ・ハナバード空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルシ・ハナバード空軍基地
2005 - Su-24, Uzbekistan Air Force.JPEG
IATA: KSQICAO: UTSL
KSQの位置
KSQ
ウズベキスタン国内の位置
概要
空港種別 軍用:空軍基地
所有者 ウズベキスタン政府
運営者 ウズベキスタン軍
供給都市 カルシ
所在地 ウズベキスタンの旗 カシュカダリヤ州
標高 1,365 ft / 416 m
座標 北緯38度50分01秒 東経065度55分17秒 / 北緯38.83361度 東経65.92139度 / 38.83361; 65.92139
滑走路
方向 全長 表面
m ft
07/25 2,498 8,195 舗装
出典: DAFIF[1][2]
かつて駐留していたアメリカ空軍の機体

カルシ・ハナバード空軍基地 (英語: Karshi-Khanabad Air Base) は、ウズベキスタンカシュカダリヤ州の州都カルシ郊外にある空軍基地である。ウズベキスタン空軍が使用している。


歴史[編集]

1954年から1981年までは、ソ連防空軍第735戦闘航空機部隊が基地に駐留していた[3]。ハナバード空軍基地にはMig-15 (1950年7月-1955年)、MiG-17 (1955年-1969年)、Su-9 (1961年-1980年) が配備されていた。1981年、第735戦闘航空機部隊は第735戦闘航空爆撃機部隊に改称され、1984年に第735戦闘爆撃機部隊に改称された。1980年から1984年まではMiG-23Mが、1984年から1992年まではSu-24が配備されていた。ハナバード空軍基地は1980年4月から1988年5月までトルキスタン軍管区の指揮下にあり、その後指揮系統が第49空軍、第73空軍へと移った。1992年にウズベキスタンが独立すると、ウズベキスタン軍が使用するようになった。

2001年から2005年まで、アメリカ空軍がこの空軍基地を使用、K2の略称で知られており、「Stronghold Freedom」として隣国のアフガニスタンを拠点としていたアル・カーイダとのアフガニスタン紛争の際に使用された。アメリカ合衆国第416遠征航空団英語版が駐留していたが、2005年7月29日、アンディジャン事件により緊張状態が高まり[4]、アメリカ空軍は6ヶ月以内に空軍基地から撤退すると発表した。2005年11月、アメリカ空軍はハナバード空軍基地から撤退した[5][6][7]

機能[編集]

空港の海抜は416mである。滑走路は一つでコンクリート舗装、全長は2498mx40mである[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Airport information for UTSL”. DAFIF. 2012年12月21日閲覧。
  2. ^ Airport information for Karshi-Khanabad, Uzbekistan (UTSL / KSQ) at Great Circle Mapper. Source: DAFIF (effective Oct. 2006).
  3. ^ Michael Holm. “735th Bomber Aviation Regiment”. ww2.dk. 2012年12月21日閲覧。
  4. ^ 地域別危険情報”. ユーラスツアーズ. 2012年12月21日閲覧。
  5. ^ US asked to leave Uzbek airbase”. BBC News (2005年7月30日). 2012年12月21日閲覧。
  6. ^ Last US plane leaves Uzbek base”. BBC News (2005年11月21日). 2012年12月21日閲覧。
  7. ^ Ceremony to close US military base held in Uzbekistan”. RIA Novosti (2005年11月21日). 2012年12月21日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯38度50分01秒 東経65度55分17秒 / 北緯38.83361度 東経65.92139度 / 38.83361; 65.92139