ディムラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディムラマ
種類 シチュー
発祥地 ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン
地域 ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン
主な材料 (羊肉, 牛肉), ジャガイモ, タマネギ, 野菜

ディムラマ (ラテン文字: Dimlama、ウズベク語: Dimlama / Димлама) はジャガイモタマネギ野菜など様々な食材を使用して作る、肉じゃがに似た[1]ウズベキスタンシチューである。ディムラマには果物を入れることもある。肉 (羊肉もしくは牛肉) と野菜は大きめに切り、密閉したポットの中に一杯になるまで具材を入れ、時間をかけて煮込んで作る。 ディムラマに使用する野菜としては、タマネギやジャガイモの他に、ニンジンキャベツナストマトピーマンなどがあり、香辛料ニンニク、様々なハーブ調味料とともに煮込む。ディムラマは通常幅広い野菜が手に入る春から夏にかけて作られる料理である。ディムラマは大皿に盛って供され、スプーンで食する。

脚注[編集]

  1. ^ ウズベキスタンの料理(食べ物)”. ウズベクフレンズ. 2013年4月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • Lynn Visson, The Art of Uzbek Cooking, Hippocrene Books, New York (1999)

外部リンク[編集]