ボリス・スパスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボリス・ヴァシーリエヴィッチ・スパスキー
Boris Spasski 1980.jpg
本名 Борис Васильевич Спасский
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
フランスの旗 フランス
生誕 1937年1月30日(77歳)
レニングラード
獲得タイトル 第13代公式世界チャンピオン
世界選手権 1969年 - 1972年

ボリス・ヴァシーリエヴィッチ・スパスキーБорис Васильевич Спасский, Boris Vasilievich Spassky, 1937年1月30日 - )は、ソビエト連邦生まれのチェスプレーヤーチェス世界チャンピオン1969年 - 1972年)。

レニングラード(現・サンクトペテルブルク)出身。1955年アントウェルペンで開催された世界ジュニアチェス選手権で優勝しインターナショナルマスターとなる。同年、初出場したインターゾーナル戦で7位同率となり、翌年の挑戦者決定戦への出場権を手に入れると同時にグランドマスターとなる。

1966年初めて世界チャンピオンへの挑戦者となる。この時は当時のチャンピオンチグラン・ペトロシアンに敗れたが、1969年、2度目の挑戦でペトロシアンを破り、チャンピオンになる。1972年レイキャヴィークでの世界チェス選手権ボビー・フィッシャーに敗退し、失冠。1975年フランスに亡命し、フランス人女性と3度目の結婚。

2010年現在、フランスのチェスプレーヤーとして活動している。

関連書籍[編集]