茂山宗彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

茂山 宗彦(しげやま もとひこ、1975年昭和50年)6月4日 - )は、狂言大蔵流の修行中の能楽師である。

人物[編集]

二世茂山七五三の長男。祖父は四世茂山千作。父、祖父および曾祖父(三世茂山千作)に師事し、4歳のときに「以呂波」で初舞台を踏む。東山高等学校京都造形芸術大学芸術文化学科卒業。愛称は「もっぴー」。

1994年、従弟の、弟の逸平とともに「花形狂言少年隊」を結成し若い世代向けに活動する。2000年からは、「心・技・体、教育的古典狂言推進準備研修練磨の会(TOPPA!)」を千三郎正邦、逸平、茂、童司と共に主催。2007年に再婚した。釣りが趣味。

NHK連続テレビ小説ちりとてちん』の徒然亭小草若役でブレイク。「底抜けに…」の決め台詞がよく知られた。その際のポーズは、宗彦本人が考案したものである。

狂言以外の活動[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]