キム・ソナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キム・ソナ
各種表記
ハングル 김선아
漢字 金宣兒
発音: キム・ソナ
ローマ字 Kim Sun A
テンプレートを表示

キム・ソナ金 宣兒1975年10月1日 - )は韓国女優大邱市生まれ。身長171cm。血液型A型。妹、弟がいる。

プロフィール[編集]

中学1年生の時、家族で日本に移住。高校卒業後に渡米。インディアナ州立ボールステライト大学に在学中、モデルのオーディションに合格。韓国の慶熙大学校演劇映画科に編入。雑誌などでモデルとして活躍。1998年、『勝負師』でドラマデビューを果たす。その後、映画へと活動の場を広げ、主演作をヒットさせる。

2005年、役作りのため10キロ太り[1]挑んだ、主演作『私の名前はキム・サムスン』が韓国で50%を超える視聴率を記録し[要出典]、一躍国民的女優になるが、事実無根のスキャンダル、さらに監督との意見の相違から降板した、映画『セブンデイズ』(当初タイトルは「木曜日の子ども」)の配給会社との訴訟(キム・ソナ側が勝訴)でしばらくテレビから姿を消した。3年後、ドラマ『ラブ・トレジャー〜夜になればわかること〜』でカムバック。

日本で中学・高校を卒業しているため(調布に住んでいた)日本語が堪能(無料レンタルDVDの『徹底ガイド 私の名前はキム・サムスン』で日本語が聞ける)。また、ドラマ『ラブ・トレジャー〜夜になればわかること〜』でも流暢な日本語を披露したり、映画『イエスタデイ』のDVD特典映像の中の「来日インタビュー」において、作品紹介をすべて日本語で行なっている。

出演作品[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

受賞歴[編集]

  • 2005年 MBC演技大賞 大賞/最優秀女優賞/人気賞/ベストカップル賞 (「私の名前はキム・サムスン」)
  • 2009年 SBS演技大賞 ヒューマンドラマ特別演技賞/10大スター賞 (「シティーホール」)

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ キム・ソナ来日、「ここ5年は体重10キロ増減しています」”. 47NEWS (2010年1月27日). 2010年1月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]