ドロタ・シュデク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif ドロタ・シュデク
Dorota SIUDEK
Figure skating pictogram.svg
Siudek & Siudek- 2006 Skate America.jpg
2006年スケートアメリカのエキシビションにて
基本情報
代表国: ポーランドの旗 ポーランド
生年月日: 1975年9月9日(38歳)
出生地: クラクフ
身長: 155 cm
パートナー: マリウス・シュデク
元パートナー: ヤヌシュ・コマンデラ
元コーチ: リチャード・ゴーチエ
マノン・ペロン
Iwona Mydlarz-chruscinska
E. Augustynski
元振付師: ジュリー・マルコット
ジュリー・ブロー
所属クラブ: Unia Dwory SSA Oswiecim
引退: 2007年3月
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 177.24 2004 GPNHK杯
ショートプログラム: 61.84 2004 GPNHK杯
フリースケーティング: 115.40 2004 GPNHK杯

ドロタ・シュデクポーランド語: dɔˈrɔta zaˈɡurskaラテン翻字: Dorota Siudek, 1975年9月9日 - )は、ポーランド出身の女性フィギュアスケート選手。1999年世界フィギュアスケート選手権銅メダリスト。1998年長野オリンピック、2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックペアポーランド代表。旧姓での登録名はドロタ・ザゴルスカ(Dorota Zagórska)、パートナーは夫でもあるマリウス・シュデク

経歴[編集]

クラクフに生まれ5歳のときにスケートを始めた。当初はシングルスケーターとして活動を開始したのちに、ヤヌシュ・コマンデラと組みペアスケーターに転向、ほどなく解散した。

1994年、マリウス・シュデクとペアを結成し、シニアクラスに転向。1995-1996年シーズンにはISUグランプリシリーズに参戦を果たした。長野オリンピックを控えた1997-1998年シーズンにはオンドレイネペラメモリアルで優勝を果たす。長野オリンピックでは10位に終わったものの、1998年世界選手権では5位入賞を果たした。翌1998-1999年シーズン、ISUグランプリシリーズでは精彩を欠いたものの、1999年欧州選手権で2位、1999年世界選手権では3位となり、ポーランドに世界選手権初のメダルをもたらした。

1999-2000年シーズン、NHK杯ラリック杯でISUグランプリシリーズ初表彰台の3位となり、2000年欧州選手権では2年連続の2位となったが、2000年世界選手権では5位入賞に留まった。これ以後、世界選手権では表彰台から遠ざかることになる。2000年5月13日、パートナーでもあるマリウス・シュデクと結婚。2度目のオリンピックとなった2002年ソルトレイクシティオリンピックでは7位に終わった。

2004年欧州選手権で3位となり、4年ぶりにメダルを獲得。3度目のオリンピックとなった2006年トリノオリンピックでは9位に沈んだ。

1994年の結婚後も登録名は旧姓のザゴルスカを使用していたが、2006-2007年シーズンでの引退を決意しシュデク姓で大会に出場。2007年欧州選手権で3年ぶりの3位となり、迎えた2007年世界選手権では、パートナーのマリウス・シュデクのケガによりフリースケーティングを棄権。同シーズン終了後に引退した。引退後は夫婦揃ってコーチに転進、またフィギュアスケート技術審判員としても活動している。

主な戦績[編集]

大会/年 94-95 95-96 96-97 97-98 98-99 99-00 00-01 01-02 02-03 03-04 04-05 05-06 06-07
オリンピック 10 7 9
世界選手権 16 13 8 5 3 5 6 6 7 6 7 9 棄権
欧州選手権 9 6 7 4 2 2 棄権 4 4 3 5 3
ポーランド選手権 1 1 1
GPファイナル 4 5
GPスケートアメリカ 2
GP中国杯 4 3 5
GPロシア杯 6 4 4 3 4 4 棄権 3 4
GPスケートカナダ 4 棄権 4 3 3
GPNHK杯 7 3 3 2 3 3
GPボフロスト杯 6 4 3
GPエリック杯 8 3 5 棄権
ネペラ記念 1 1
スケートイスラエル 6 1
ネーベルホルン杯 4 4

詳細[編集]

2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 9
57.23
- 棄権
2007年1月22日-28日 2007年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ワルシャワ 3
57.81
3
113.10
3
170.91
2006年11月24日-26日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 4
57.98
4
105.15
4
163.13
2006年11月9日-12日 ISUグランプリシリーズ 中国杯南京 5
50.74
5
100.91
5
151.65
2006年10月26日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカハートフォード 4
50.34
1
111.13
2
161.47


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年3月19日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 9
55.05
9
105.74
9
160.79
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ 9
56.10
8
109.85
9
165.95
2006年1月17日-22日 2006年ヨーロッパフィギュアスケート選手権リヨン 5
49.53
5
104.14
5
153.67
2005年11月24日-27日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯サンクトペテルブルク 3
57.24
3
104.50
3
161.74
2005年11月3日-6日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 3
56.06
3
106.42
3
162.48


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 7
60.02
7
107.66
7
167.68
2004年11月25日-28日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 4
52.08
- 棄権
2004年11月4日-7日 ISUグランプリシリーズ NHK杯名古屋 3
61.84
2
115.4
3
177.24
2004年10月28日-31日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダハリファックス 5
55.96
2
114.98
3
170.94


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年3月22日-28日 2004年世界フィギュアスケート選手権ドルトムント 5 6 6
2004年2月2日-8日 2004年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 3 3 3
2003年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯旭川 2
57.68
3
106.36
3
164.04
2003年11月6日-9日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 4
56.44
4
102.15
4
158.59
2003年10月30日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 4
61.54
3
110.21
3
171.75


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2003年3月24日-30日 2003年世界フィギュアスケート選手権ワシントンD.C. 5 7 7
2003年1月20日-26日 2003年ヨーロッパフィギュアスケート選手権マルメ 5 4 4
2002年11月28日-12月1日 ISUグランプリシリーズ NHK杯京都 2 2 2
2002年11月22日-24日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 6 4 4
2002年10月8日-10日 ISUグランプリシリーズ ボフロスト杯ゲルゼンキルヒェン 4 3 3

外部リンク[編集]