ショートプログラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ショートプログラム(Short Program)は、フィギュアスケート男子シングル女子シングルペアで行われる種目のひとつ。1989年から1992年シーズンはオリジナルプログラム(Original Program)、1993-1994年シーズンはテクニカルプログラム(Technical Program)と呼ばれた。

歴史[編集]

1960年代初頭、男子シングル女子シングルコンパルソリーフィギュアフリースケーティングの2種目、ペアフリースケーティングの1種目のみで争われていた。

1963-64年シーズンからペアにショートプログラムの前身であるコネクテッドプログラム(Connected Program)を採用し2種目で争われることになったが、男子シングルならびに女子シングルコンパルソリーフィギュアフリースケーティングの2種目のままであった。

1972年の札幌オリンピック女子シングルでの論争を契機に、コンパルソリーフィギュアの比重を下げる目的で1972-1973年シーズンから男子シングル女子シングルにもショートプログラムが導入され、現在に至る。なお、コンパルソリーフィギュアは1989-1990年シーズンを最後に完全に廃止された。

国際スケート連盟ルール[編集]

男子シングル[編集]

自由に選曲した音楽を用い、「アクセルジャンプ」、「ステップからのジャンプ」、「ジャンプコンビネーション」、「フライングスピン」、「足換えキャメルスピン」もしくは「足換えシットスピン」、「スピンコンビネーション」、「ステップシークエンス」の7つの要素を行う。

女子シングル[編集]

自由に選曲した音楽を用い、「アクセルジャンプ」、「ステップからのジャンプ」、「ジャンプコンビネーション」、「フライングスピン」、「レイバックスピン」、「スピンコンビネーション」、「ステップシークエンス」の7つの要素を行う。

ペア[編集]

自由に選曲した音楽を用い、「リフト」、「ツイストリフト」、「スロージャンプ」、「ソロジャンプ」、「ソロスピンもしくはペアスピン(隔年で変わる)」、「デススパイラル」、「ステップシークエンス」の7つの要素を行う。

外部リンク[編集]