サベナ航空548便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サベナ航空 548便
出来事の概要
日付 1961年2月15日
概要 機械的トラブル
現場 ベルギー、ブリュッセル近郊
北緯50度56分01秒 東経4度32分10秒 / 北緯50.933672度 東経4.536022度 / 50.933672; 4.536022座標: 北緯50度56分01秒 東経4度32分10秒 / 北緯50.933672度 東経4.536022度 / 50.933672; 4.536022
乗客数 61
乗員数 11
負傷者数
(死者除く)
1(地上の住民)
死者数 73(地上の住民1名を含む)
生存者数 0
機種 ボーイング707
運用者 Flag of Belgium.svgサベナ航空
機体記号 OO-SJB

サベナ航空548便墜落事故(サベナこうくうごうよんはちびんついらくじこ、英語:Sabena Flight 548)は、1961年2月15日ベルギーブリュッセル近郊で発生した航空事故である。この事故で、同機の乗客乗員全員と地上にいた1人が死亡した。同機には、チェコスロバキア(当時、現チェコ)のプラハで開催予定だった世界フィギュアスケート選手権に向かう途中のアメリカ合衆国代表チームが搭乗していて、全員が犠牲となった。

事故の概要[編集]

サベナ航空ボーイング707

1961年2月15日サベナ航空548便ボーイング707-329(機体記号OO-SJB、1959年製造)は、アメリカ合衆国ニューヨーク・アイドルワイルド空港(現在のジョン・F・ケネディ国際空港)からベルギー・ブリュッセル国際空港に向かっていた。

事故機については、ブリュッセル国際空港上空で着陸態勢に入るまでには特段のトラブルの前兆は見られなかった。午前10時5分頃、パイロットは滑走路が空くのを待つために空港上空で旋回し始めた。そのとき、目撃者の証言によると事故機の機体が制御を失って上昇と横傾斜を始め、ついにはバンク角が90度ほどに達し、そのまま空港近くの村落に墜落した。事故機の機体は炎上し、乗員乗客は全員即死した。村落の畑で働いていた住民の男性が機体から飛散したアルミニウム片の直撃を受けて死亡し、もう1人の住民も残骸の飛散で脚部を切断する重傷を負った。この事故の知らせを受けて、当時のベルギー国王ボードゥアン1世と王妃ファビオラは事故現場に駆けつけて、犠牲者の遺族に弔意を表し、負傷者とその家族を見舞った。

この事故の正確な原因については決定されなかったが、事故機の水平安定板は機首上げ側に10.5度の位置にあり、これは事故当時の状況ではありえないものであった。調査団は水平安定板トリム調整機構の不具合が原因で機体が制御を失ったものと推定した。

事故機には、1961年世界フィギュアスケート選手権に出場予定だったアメリカ合衆国代表チームの選手18名とコーチ、審判員、選手の家族など16名が搭乗していて全員死亡した。犠牲者の中には、1932年レークプラシッドオリンピックフィギュアスケート女子シングルの銅メダリストで全米フィギュアスケート選手権で9回優勝した経験のあるマリベル・ビンソンと、彼女の2人の娘で1960年スコーバレーオリンピック女子シングル6位、1961年全米フィギュアスケート選手権女子シングル優勝者のローレンス・オーウェン1960年スコーバレーオリンピックペア競技10位で1961年全米フィギュアスケート選手権ペア競技優勝者のマリベル・オーウェンなどが含まれていた。このアメリカ合衆国代表チームの事故を受けて、同1961年の世界フィギュアスケート選手権は中止された(翌1962年に改めて世界選手権はプラハで開催された)。

アメリカ合衆国の大統領ジョン・F・ケネディは、ホワイトハウスから事故の犠牲者に対して哀悼の意を表す声明を発表した。ケネディはとりわけ、彼自身の個人的な友人でもあったペア競技の選手ダドリー・リチャーズ (Dudley Richards) の死に衝撃を受けていた。

影響[編集]

犠牲者の中にアメリカ合衆国の当時最高のコーチ陣や選手たちが大勢含まれていたため、この事故は1950年代から全盛を極めていた同国のフィギュアスケート界に壊滅的な打撃を与えた[1]1964年インスブルックオリンピックで当時14歳と363日[2]だったスコット・アレンが男子シングルで銅メダルを獲得したが、フィギュアスケート王国アメリカの復活は1968年グルノーブルオリンピックでのペギー・フレミングの女子シングル金メダル獲得と、ティム・ウッドの男子シングル銀メダル獲得まで待たなければならなかった。この事故は、間接的にカルロ・ファッシジョン・ニックスのような外国からのコーチ招聘の要因となった。

この事故が発生する2ヶ月前に就任したばかりだった全米フィギュアスケート協会 (USFSA、U.S. Figure Skating) 会長フランク・リッター・シュムウェイ (F. Ritter Shumway) は、犠牲者たちを記念するために全米フィギュアスケート協会メモリアル基金 (USFSA Memorial Fund) を設立した。この基金はアメリカ国内の有望な若手フィギュアスケート選手の訓練を助成するためのもので、2014年の時点でも存在している[3]

2011年、1961年世界フィギュアスケート選手権アメリカ合衆国代表チーム(34名)は全米フィギュアスケート協会殿堂入りを果たしている[4][5][6]

犠牲者[編集]

  • 家族、乗員など
    • 選手、コーチ等の家族6名、他の旅行客29名、乗員11名、地上で事故に巻き込まれた地元住民の男性1名が死亡した。

脚注[編集]

  1. ^ 1962年から1964年にかけて、アメリカは世界フィギュアスケート選手権の全種目でメダルなしに終わっている。
  2. ^ 2010年の時点でも、アレンは冬季オリンピック最年少メダリストの記録保持者となっている。
  3. ^ DONATING TO U.S. FIGURE SKATING(英語)
  4. ^ U.S. Figure Skating Team Feb. 15, 1961”. Grave Spotlight. 2014年11月11日閲覧。 (英語)
  5. ^ 1961 US World Figure Skating Team”. Find a Grave. 2014年11月11日閲覧。 (英語)
  6. ^ U.S. Figure Skating Hall of Fame Members”. U.S. Figure Skating Hall of Fame. 2014年11月11日閲覧。 (英語)
  7. ^ 1961年全米フィギュアスケート選手権3位のティモシー・ブラウンが病気になったため、代わりに代表に選出された。
  8. ^ 2人とも事故で死亡したため、当時生後9ヶ月の息子ロバート・ジュニアが遺されることになった。
  9. ^ ペア競技の選手ハドリー姉弟の母で、コーチを務めていた。

外部リンク[編集]