浦和学院高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浦和学院高等学校
Urawa Gakuin High School.JPG
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人明星学園
校訓 克己・仁愛・共生
設立年月日 1978年4月1日
創立記念日 10月6日
創立者 高橋康造
共学・別学 男女共学
課程 全日制
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 11529A
所在地 336-0975 
埼玉県さいたま市緑区代山172
北緯35度54分6.9秒東経139度42分23.5秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

浦和学院高等学校(うらわがくいんこうとうがっこう)は、埼玉県さいたま市緑区にある共学の普通科私立高等学校。略称「浦学(うらがく)」。学校法人明星学園が運営する。

概要[編集]

県内ではマンモス校として知られており、生徒数(約2400人)、募集定員(800人)、受験者数(約4000人)は県内最大規模である。また、甲子園で優勝経験のある野球部をはじめ、テニス、ハンドボールなどスポーツの盛んな学校である。大学進学や語学教育にも重点を置いている。

建学の精神に孔子の理想的人格像「吾道一貫」を掲げ、それに基づいた「克己、仁愛、共生」を校訓とした教育を行っている。

併設校に明星幼稚園浦和学院専門学校がある。

沿革[編集]

  • 1978年 - 現在地に浦和学院高等学校開校
  • 1996年 - 類型別コース導入
  • 2000年 - II類の2年次選択クラスに「保健医療クラス」新設
  • 2002年 - I類に「特別選抜コース」新設
  • 2003年 - I類に「理数コース」新設
  • 2005年 - I類に「グローバルリーダーズコース」新設
  • 2008年 - 新食堂棟、新図書館棟「浦学リテラシータワー (ULT)」完成。弓道場を第3グラウンドに移設
  • 2009年 - GL類型、特進類型、選抜類型、文理類型の4類型10コースに改編。新体育館「U-DIUM」完成。ゴルフ練習場改修。10月23日、上海師範大学附属外国語中学(高校)と姉妹校提携
  • 2010年 - 国際類型、特進類型、進学類型の3類型11コースに改編。7月2日、大連市第十六中学と姉妹校提携
  • 2011年 - 女子栄養大学と連携教育協定締結。駿台サテネット21導入。全国初の自転車講習検定実施
  • 2012年 - 「夢と希望の泉 (L'Arc)」完成。県内初の自転車運転免許制導入
  • 2013年 - 進学類型・リテラル(情報)コースを廃止し、同・総合進学コースの2年次選択クラスを「総合系」「情報系」に改編。硬式野球部が第85回選抜高校野球大会で優勝を果たす。

歴代校長[編集]

設置コース[編集]

国際類型
  • グローバル(国際)コース
1年次2月より1年間、カナダの高校に入学し、現地でホームステイをする「1年留学タイプ」と2年次の夏休みに1ヶ月間、豪州の高校に留学する「1ヶ月留学タイプ」がある(入学後に選択可)。1年留学は海外の学校で取得した30単位が卒業単位として認定される。TOEIC750点以上と早稲田大学慶應義塾大学上智大学国際基督教大学などの最難関私大、海外大学への合格を目指す。
留学前の1年間、英語(一部科目)は英文テキストを用い、すべて英語で授業を行うほか、数学、理科でも英文テキストを用い、英語と日本語を交えて授業を行うイマージョン・プログラムを実施している。
特進類型
  • リーダーズ(特選文系)コース
東京大学京都大学一橋大学などの最難関国公立大学文系学部への合格を目指す。
  • サイエンス(特選理系)コース
東京工業大学筑波大学・早稲田大学などの最難関国公立大学私立大学理工系学部、医歯薬学系学部への合格を目指す。
  • プログレス(特進国立)コース
埼玉大学など関東圏の国公立大学明治大学青山学院大学などの難関私大への合格を目指す。2年次から文系・理系に分かれる。
  • アブソルート(特進私立)コース
明治大学青山学院大学などの難関私大への合格を目指す。2年次から文系・理系に分かれる。
進学類型
  • 文理選抜コース
日本大学東洋大学などの有名私大への合格を目指す。2年次から文系・理系に分かれる。
  • 文理進学コース
有名私大への合格を目指す。2年次から文系・理系・スポーツ文化系に分かれる。
  • 総合進学コース
私大文系学部・情報系への合格を目指す。2年次から文系カリキュラム中心の「総合系」と週6時間コンピュータ関連科目を学ぶ「情報系」に分かれる。
  • 保健医療コース
看護・医療系学校への合格を目指す。2年次から週2時間、基礎保健医療の授業があり、外部の専門家による講義・医療実習、施設・学校見学なども行う。
  • アート(美術)コース
普通科ながら週6 - 8時間(3年間で20単位)デザインや絵画を学ぶ。

学校生活[編集]

授業・カリキュラム
  • 3学期制、45分授業、学校週5日制 (土曜隔週、日曜祝日休み)
  • メディアリテラシー教育に力を入れている。また、世界最大の語学学校「ベルリッツ」と提携し、週2日間実用英語講座「エクステンション講座」を実施するなど英語教育にも積極的である。
  • 国際類型と特進類型は予備校講師による進学講座や夏季進学合宿講座(志賀高原)などを行う(進学類型希望者も受講可)。
制服
  • 男女ともに金ボタンのダブル前ブレザーで少し紫がかった紺色になっている。男子は緑色と黒のストライプのネクタイ、女子は赤色のリボン。下は男子がグレーのパンツ、女子が冬用は赤と紺、夏用は紺と白を中心としたチェック柄のスカート。
  • ブレザーの襟元にアルファベット(クラス)が書かれた丸い形のクラス章をつける。学年ごとに赤・緑・黄色に色分けされている。
  • 2008年より夏服は現行のワイシャツ(女子はブラウス)に加えて白か黒のポロシャツも選択可能になった。
その他
  • 学校の近くには東北自動車道浦和IC埼玉スタジアム2002や首都圏最大の田園「見沼田んぼ」がある。校舎の窓からは埼玉スタジアム2002の白い屋根を見ることができる。
  • 球技大会やマラソン大会はない。また、プールがないので水泳の授業はない。
  • 交通マナー向上や交通事故防止のため、2011年9月より全国の高校で初となる「自転車講習検定」(全生徒対象・埼玉県警本部交通企画課協力)を実施。2012年度より埼玉県警浦和東警察署と連携し、県内初となる「自転車運転免許制」(自転車通学者対象)を導入。筆記試験と実技試験に合格し、講習会を受講すると免許証が交付され、自転車通学が許可される。2人乗り(3点)、免許証不携帯(1点)など12の違反項目があり、減点が10点を超えると通学方法の変更を求められる。浦和東警察署により自転車運転マナーアップ推進校に指定されている。

クラブ活動[編集]

硬式野球部[編集]

甲子園出場回数は21回(夏12回、春9回)で春夏ともに県内最多。2013年第85回記念選抜高等学校野球大会で初の全国制覇を達成した。夏の最高成績は1986年の全国ベスト4。また、プロ野球選手を多数輩出している。

男子ハンドボール部[編集]

1991年全国高校選抜大会で優勝するなど全国屈指の強豪として知られる。全国高校総体出場24回、全国選抜大会出場22回と、ともに県内最多を誇る。

硬式テニス部[編集]

男子

全国大会の常連で全国選抜高等学校テニス大会出場24回。最高成績は全国大会シングルス優勝・団体戦ベスト4。

女子

全国大会の常連で全国選抜高等学校テニス大会 出場24回と県内最多を誇る。1987年全国高等学校総合体育大会テニス競技大会 シングルス優勝、1990年全国選抜高等学校テニス大会団体戦で準優勝するなど強豪として知られる。

  • 全国高等学校総合体育大会テニス競技大会 - 1987年シングルス優勝
  • 全国選抜高等学校テニス大会 - 1990年団体戦準優勝

吹奏楽部[編集]

全日本マーチングコンテスト出場10回とマーチングの全国大会常連として知られる。サッカーや高校野球の開会式典演奏を務めるなど幅広い分野で活躍している。近年吹奏楽コンクールでも力を付けてきている。

その他[編集]

施設・設備[編集]

  • 第1校舎/第2校舎/第3校舎/第4校舎 - 全教室にLED照明が設置されている
  • 第1グラウンド (多目的グラウンド。テニスコート、バスケットボールコートとしても利用可)
  • 第2グラウンド (野球場、サッカー場、ソフトボール場)
  • 第3グラウンド (テニスコート、ハンドボールコート、ラグビー場、弓道場)
  • 第4グラウンド (アメフト場、陸上練習場)
  • Uragaku Literacy Tower - 2008年に創立30周年記念事業の一環としてシラサギ記念自然史博物館を改装して造られた5階建ての新図書館棟。通称ULT(アルト)。1階:総合カウンター、ロビー、同窓会サロン「伝統の襷」/2階:開架閲覧室・司書室/3階:多目的ホールeステーション/4階:図書館、AVルーム/5階:パソコンルームなど
  • 食堂棟 - 第1校舎の裏にあり、1階の食堂には350の座席と大型スクリーンなどの視聴覚施設が備えられている。2階には学習室が5つある。2008年に創立30周年記念事業の一環として全面改装された。
  • 雨天体操場/柔道場/レスリング場/部室棟/ゴルフ練習場/剣道場/協志寮

学校行事[編集]

主な進路先[編集]

現役志向が強く、平成24年度(2013年3月卒業生)の現役進学率は93%。大学・短大への現役進学率は例年85%前後で、埼玉県内の高校で上位に入っている(平成24年度は9位)。そのため、浪人や就職する者は少ない。例年、国公立大には延べ30名強が合格。2008年度は旧帝大京都大北海道大にも現役合格者を出している。

交通[編集]

最寄り駅は東川口駅。2001年の埼玉高速鉄道開通で学校との距離は浦和美園駅の方が近くなった。

スクールバス[編集]

事前に申し込みが必要だが、無料で運行されている。登校時のみ指定された号車に乗らなければならない。普段は学校関係者以外の利用は出来ないが、文化祭や学校説明会、入学試験などの際には東川口駅から臨時運行される。2007年度の9月からは浦和美園駅からもスクールバスが出るようになったが、こちらは利用者数の関係で本数は少ない。

主な出身者[編集]

野球
サッカー
ハンドボール
その他

併設校[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]