マンモス校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マンモス校(マンモスこう)とは人数規模が大きい学校のことを指す。

概説[編集]

マンモス校は、1970年代から1990年代にかけて、小学校中学校では、特に郊外住宅ができたものの既存の学校に通うといったケースにおいて多々見られ、高等学校では当時のベビーブームによる私立学校の大規模化とともにこの名称が使われた。

定義としては、中学校や高等学校では全校生徒が1000人を超えたり、一学年につき300人を超えたり、10クラスを超えたりした場合に使われるケースが多いようである。既存の学校施設が手狭になり、臨時にプレハブの仮校舎を建てて使用するケースや、校舎内に新しく校舎を建てるケース、その学校の周辺に学校を分割・新設するケースもあった。

なかでも大阪府堺市は1970年代から1980年代にかけてマンモス中学校が大量に発生し社会問題となった。要因としては、大阪市のベッドタウン化が急激に進んだことに伴う人口の増加と、それに対応するだけの中学校建設財源が確保できなかったことが挙げられる(1970年代に入るまでは大阪北部の交通インフラがあまり整備されておらず、比較的都市基盤が整っていた大阪南部・堺方面は手頃な住宅地として開発が進めやすかった)。堺市は財源を確保する目的で臨海部を開発し工場誘致を進めた(堺泉北臨海工業地帯)ものの、今度は公害が問題化する。また、思うほどの税収も見込めなかったため、マンモス中学校は放置されたままだった。1980年代に入ってようやく分離・新設校の開設が進み、マンモス校は解消されていった。

現状[編集]

現在では新設校の増加や少子化によりマンモス校は少なくなっているが、東京23区内など高層マンションの建設が盛んな地域では逆にマンモス校化している学校もある。

教育においては学年内での生徒の把握が難しくなるといった問題などがあり、部活動においては部活動のすそのが広がる可能性は高いものの、過度に人気の高い部活においてレギュラーになれる人が少ない、人数が多過ぎて練習にならないといった問題などがある。

関連項目[編集]