MARCH (学校)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
明治大学(リバティ・タワー
青山学院大学間島記念館(青山キャンパス)
立教大学本館(池袋キャンパス)
中央大学(多摩キャンパス)

MARCH(マーチ)とは、日本の大学群のひとつを示す通称である。これらには以下の大学が含まれ、名称は各校英字表記の頭文字で構成される。

概要[編集]

大学受験就職活動等に際して使われることがある関東の上記有名私立大学5校を指したスラングである。この括りには実態はなく、この大学群を単位とした特別な交流や集会などは存在しない。

学生スポーツの世界では硬式野球において明治大・立教大・法政大は東京六大学野球連盟、中央大・青学大は東都大学野球連盟にそれぞれ加盟している。

歴史[編集]

『MARCH』という大学グループ名は、受験専門誌『螢雪時代』の編集長である代田恭之が考案したもので、「大学進学率が1割を超えた昭和30年代、大学がエリート期からマス期に移行するのに従って、私大グループの呼び名を、合格発表のある『3月』のMarchにかけて名付けたのが始まり」だという [1]

GMARCH[編集]

概要

学習院大学の偏差値は少なくとも三十年以上前からこのMARCHクラスであることが確認できるが[4]2005年頃から学習院大学(G)を含めた6校とし、『GMARCH』と呼ぶ例がみられはじめた[5]

動向

三大予備校のうち、代々木ゼミナール[6]、駿台予備校[7]及びその関連校の駿台国際教育センター[8]ではGMARCHのグループ名を使う、もしくはそれを準じている。河合塾も後者の点では同様である[9]。また東京都教育委員会による進学指導重点校の進学対策の取り組みの報告書にもそのグループ名が見える。[10]
しかし一部の機関では、呼称の表現に微妙な差異が見られ、例えば早稲田ゼミナールはG+MARCH[11]一橋学院は明青立中法学(MARCHG)大[12]などと呼称している。

脚注[編集]

  1. ^ 『AERA』 2011年1月17日号 31-32ページより。かぎ括弧内は直接引用。
  2. ^ 『AERA』 2011年1月17日号 31-32ページ。クワイ河マーチをもじったという。
  3. ^ 東進ハイスクール現役合格実績
  4. ^ 1977年における大学偏差値(掲載紙は週刊朝日)および過去の偏差値データ
  5. ^ 難関14私大 高校別合格者数Top10、親子世代比較(1984年/2014年)”. excite.co.jp (2014年7月8日). 2014年7月10日閲覧。
  6. ^ 例えば、大学受験科・大学受験科年間学費に見えるGMARCH私立文系コース、単科ゼミ・単科ゼミ受講例にある高3生のGMARCH文系合格へのプランなど
  7. ^ 例えば、【池袋校】GMARCH大(文系)対策特別授業にGMARCH大(学習院大・明治大・青山学院大・立教大・中央大・法政大)と定義されており、【首都圏】親子で乗り切る大学入試にも、GMARCH大編 の用語が見える
  8. ^ 駿台国際教育センター 2010年度及び過去3年間【2010〜2008年度入試】の合格実績
  9. ^ 河合塾 ハイレベル私立大文系コースなお、河合塾自体はGMARCHの呼称を用いていない
  10. ^ 進学指導重点校の進学対策の取組について (PDF)
  11. ^ 早稲田ゼミナール  G+MARCH大対策コース
  12. ^ 一橋学院 合格者の声

関連項目[編集]

外部リンク[編集]