カマグエイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カマグエイ
Camagüey
キューバの旗
Camaguey rooftops 1.jpg
座標 : 北緯21度23分02秒 西経77度54分27秒 / 北緯21.38389度 西経77.90750度 / 21.38389; -77.90750
行政
キューバの旗 キューバ
 州 カマグエイ州
 市 カマグエイ
地理
面積  
  市域 1,106km2(427mi2
標高 95m(312ft
人口
人口 2004年現在)
  市域 324,921人
    人口密度   293.8人/km2
その他
等時帯 東部標準時UTC-5
市外局番 +53-322

カマグエイスペイン語Camagüey)は、キューバ中部にある都市。カマグエイ州の州都。旧称はサンタ・マリア・デル・プエルト・プリンシペ人口は29万4,000人。ハバナの南東方約550kmの地点にあり、キューバ島内陸の交通要所である。サトウキビ栽培と牧畜が主に行われている肥沃な農業地帯の中心都市であり、製糖業などの食品加工業、及びに商業が活発に行なわれている。農産物は東方約50kmの地点にあるヌエビタス港から積み出される。その他周辺には、クロムマンガンなどの鉱床があり、現在開発が進行中である。

世界遺産[編集]

世界遺産 カマグエイ歴史地区
キューバ
カマグエイ市街の屋根
カマグエイ市街の屋根
英名 Historic Centre of Camagüey
仏名 Centre historique de Camagüey
面積 54 ha
(緩衝地域 276 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (4), (5)
登録年 2008年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

カマグエイの街は1530年代に建設され、19世紀までスペイン西インド諸島の経済的な中心地であった。そのため、17世紀の教会を含め、スペイン植民地時代の建築物が今なお残っている。そうした歴史的街並みは、2008年に世界遺産に登録された。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。

外部リンク[編集]