ビニャーレス渓谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 ビニャーレス渓谷
キューバ
Vinales-cuba.JPG
英名 Viñales Valley
仏名 Vallée de Viñales
登録区分 文化遺産
登録基準 (4)
登録年 1999年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

ビニャーレス渓谷スペイン語: Valle de Viñales )は、キューバにあるカルスト地形の窪地である。渓谷の面積は、132 km² で、ピナル・デル・リオ州Pinar del Río Provinceビニャーレス市(Viñales)の真北にあたるオルガノス山脈(Sierra de los Organos)に位置している。

渓谷の麓では、伝統的な農法によってタバコなどが栽培されており、その耕地が独特の景観を提示している。

渓谷周辺の斜面にはいくつもの洞穴がある。また、谷底から島のように屹立する断崖は、モゴーテmogotes)と呼ばれている。ビニャーレスはハイキングロッククライミングで人気のある一大観光地となっている。

動植物[編集]

この渓谷には植物も動物も多くの固有種が見られる。植物相についていえば、それはボンバクス・エマルギナトゥム(Bombax emarginatum)、ガウシア・プリンケプス(Gaussia princeps, ヤシの仲間)、エクマンヒアンテス・アクティオピラ(Ekmanhianthes actinophilla)、ミクロキカス・カロコマ(Microcycas calocoma)などであり、他方で動物相についていえば、ハチドリの一種(Bee Hummingbirds)、 プリオテルス・テムヌルス(Priotelus temnurus, キヌバネドリ目)、キューバコビトドリ(Todus multicolor, コビトドリ科)、ミュアデステス・エリサベト(Myadestes elisabeth)、ティアラス・カヌラ(Tiaras canura).などである。[1]

世界遺産[編集]

1999年にビニャーレス渓谷はユネスコ世界遺産文化遺産)に登録された。自然美と土着の建築や伝統が見事に融合した文化的景観として評価されたことがその理由である。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Radio Habana. “Parque Nacional Viñales”. 2007年10月10日閲覧。 (スペイン語)

外部リンク[編集]

座標: 北緯22度37分0秒 西経83度43分0秒 / 北緯22.61667度 西経83.71667度 / 22.61667; -83.71667 (Viñales Valley)