クリフ・ペニントン (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリフ・ペニントン
Cliff Pennington
アリゾナ・ダイヤモンドバックス #4
Cliff Pennington on June 6, 2011.jpg
アスレチックス時代(2011年6月6日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 テキサス州コーパスクリスティ
生年月日 1984年6月15日(30歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 内野手遊撃手二塁手
プロ入り 2005年 ドラフト1巡目でオークランド・アスレチックスから指名
初出場 2008年8月12日
年俸 $1,750,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリフトン・ランドルフ・ペニントン(Clifton Randoulph Pennington, 1984年6月15日 - )は、MLBアリゾナ・ダイヤモンドバックスに所属する内野手遊撃手)。右投両打。アメリカ合衆国テキサス州コーパスクリスティ出身。

経歴[編集]

1984年6月15日アメリカ合衆国テキサス州コーパスクリスティで生まれる。

アスレチックス時代[編集]

2005年オークランド・アスレチックスから1巡目指名を受け、入団。

けがで厳しいシーズンが続いたが、2008年8月12日タンパベイ・レイズ戦でメジャーデビュー。最終的に36試合で.242、9打点の成績を残す。

2009年は60試合に出場し、.279、4本塁打21打点という成績でシーズンを終える。

2010年はショートのレギュラーに定着し、前半こそ調子が良かったものの、後半から調子を崩し、最終的に156試合に出場、.250、6本塁打46打点28盗塁の成績だった。

2011年も打撃では前年と同水準の成績だったが、守備防御点は前年の+13から-9に悪化した。

2012年は守備指標は回復したが、打撃不振に苦しみ、.215という自己最低の打率に終わった。

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2012年10月20日マイアミ・マーリンズも絡んだ三角トレードによってアリゾナ・ダイヤモンドバックスへと移籍した[2]

移籍1年目となる2013年は、4年ぶりに出場試合数が100未満のシーズンとなった。打率.242・1本塁打・18打点・2盗塁を記録。それまで俊足を生かした3年連続2ケタ盗塁を記録していたが、届かなかった。

選手としての特徴[編集]

足が速く、2010年には28盗塁を記録している。さらにその俊足を生かした広大な守備範囲、そして強肩が持ち味である。打撃に関しては改善の余地があり、規定打席に到達した2010年も.250という低い打率に終わっている。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 OAK 36 117 99 14 24 5 0 0 29 9 4 1 2 1 13 0 2 18 1 .242 .339 .293 .632
2009 60 229 208 27 58 11 3 4 87 21 7 5 1 0 19 0 1 46 5 .279 .342 .418 .760
2010 156 576 508 64 127 26 8 6 187 46 29 5 12 3 50 0 3 96 7 .250 .319 .368 .687
2011 148 570 515 57 136 26 2 8 190 58 14 9 8 4 42 1 1 104 5 .264 .319 .369 .687
2012 125 462 418 50 90 18 2 6 130 28 15 6 5 2 35 0 2 90 1 .215 .278 .311 .589
2013 ARI 96 299 269 25 65 13 1 1 83 18 2 0 2 1 26 5 1 54 7 .242 .310 .309 .618
通算:6年 621 2253 2017 237 500 99 16 25 706 180 71 26 30 11 185 6 10 408 26 .248 .313 .350 .663
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

外部リンク[編集]