加藤健 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
加藤 健
読売ジャイアンツ #40
Katoh ken.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 新潟県北蒲原郡聖籠町
生年月日 1981年3月23日(33歳)
身長
体重
186 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1998年 ドラフト3位
初出場 2000年9月27日
年俸 2,200万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

加藤 健(かとう けん、1981年3月23日 - )は、新潟県北蒲原郡聖籠町出身の読売ジャイアンツ所属のプロ野球選手捕手)。愛称は「カトケン」。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1998年ドラフト会議において、読売ジャイアンツから3巡目で指名され、入団。高校では通算15本塁打を放っており、強打の捕手として期待された。

プロ入り後[編集]

2000年9月27日の対ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)の6回裏で一軍初出場を果たすと、その後も数試合に出場しながら打撃では3打数0安打に終わった。

2001年にはフレッシュオールスターゲームイースタン・リーグ選抜として先発出場し、上野裕平とバッテリーを組んだ。

2002年には2試合に出場するも無安打に終わるなど一軍に定着できず、2005年にはイースタン・リーグで打率.289・5本塁打で二軍の捕手では最高成績を収めた。

2006年は4年ぶりに一軍出場を果たすと、同年6月11日の対千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリンスタジアム)でようやく一軍初安打を記録した。その後も少ない出場機会ながら打率.294を記録するなど活躍し、同年オフにはハワイ・ウィンターリーグへ派遣されることが決まった。

2007年からは正捕手・阿部慎之助に次ぐ2番手として開幕一軍入りを果たす。出場試合の少なさは変わらなかったものの、同年9月21日の対横浜ベイスターズ戦(東京ドーム)では負傷していた阿部に代わって先発出場、寺原隼人からプロ初本塁打を放って勝利に貢献した。

2008年は開幕前に左肩を骨折したことで出遅れるも、開幕から控え捕手として一軍入りを果たした。この年に開催される北京オリンピックに阿部が出場することを見越し、同年6月に横浜ベイスターズから鶴岡一成が加入すると、経験・打撃力などで上回る鶴岡に次ぐ第3の捕手としてチームを支えた。この年は前年に並ぶ28試合に出場し、2008年の日本シリーズにおいても阿部の代わりに5試合に出場するなど、プレーオフでは自身最多の出場機会を得た。同年オフに上原浩治ボルチモア・オリオールズへ、二岡智宏北海道日本ハムファイターズへそれぞれ移籍したことで、翌年からは1998年ドラフト指名選手で最後の読売ジャイアンツ所属選手となった。

2009年はオープン戦において低迷したことで完全に出遅れ、同年7月3日に昇格した。その後、9月20日に抹消されるまでに13打席において2死球を受け、負傷退場も経験するなど苦難の年となった。

2010年は捕手として1試合の出場、さらに守備機会も無かったが、2011年は開幕前に阿部が負傷離脱したことで、實松一成と共に控え捕手へ返り咲いた。開幕2戦目となった4月13日の対東京ヤクルトスワローズ戦(東京ドーム)では内海哲也とバッテリーを組んで7回途中無失点に抑え、4月15日の東京ヤクルトスワローズ戦(東京ドーム)では澤村拓一の初登板・初先発でバッテリーを組んだ。

2012年は、レギュラーシーズンでの出番は限られたが、11月1日の日本シリーズ第5戦には阿部の負傷もありスタメン出場。この試合の4回表の攻撃時、日本ハムの投手多田野数人が投じたボールに加藤はバントの構えから大きくのけぞり、さらに当初ファウルと判定していた主審の柳田浩一に頭を押さえるポーズをして頭部死球をアピールした。柳田はこの投球が加藤の顔に当たったとして「死球」と判断し、多田野は危険球により退場となった。しかし、リプレイの映像では投球は加藤の頭には当たっておらず、評論家からはこの判定を疑問視する声があがっており、加藤が死球を装ったのではないかという疑義も持たれている[1][2](詳細は柳田浩一#誤審騒動も参照)。このプレーに対して加藤は、「昔、頭に当たった事があるんで」と話している。退場となった多田野は「騙す方が騙す方なら騙される方も騙される方」とコメントし、加藤と球審を批判した。

プレースタイル[編集]

読売ジャイアンツの正捕手である阿部慎之助の控え捕手の一人で、チーム内での呼称は「カトケン」、實松一成とその座を争っている。しかし、2008年には高橋尚成がバッテリー捕手として加藤を指名し、公式戦において何度もバッテリーを組んだ。外野までの距離が短く狭い地方球場では本塁打を浴びるケースも多かったが、2番手捕手候補として期待され、出場機会は与えられていると言える。

また、試合終盤などで自軍が大きくリード、または負けている場合においては「終盤のリリーフ捕手」として起用されることも多く、正捕手・阿部に何らかの不測の事態が発生した場合に備え、経験を積ませる様子が見て取れる。実際、2009年9月4日の試合では最後の捕手として起用されていた加藤が負傷退場、控え捕手が不在の事態に木村拓也が12回表に捕手を務めたことがある(木村拓也の項を参照)。「終盤のリリーフ捕手」としては投手が放つ鋭く落ちるフォークボールを、投球がワンバウンドしながらもしっかり捕球する技術を磨いており、達川光男から「この捕手(加藤)はそうとうキャッチング練習をしているんでしょう。これなら投手は安心してフォーク(ボール)を投げられますよ。相手打者は怖いですよ」と絶賛している。

2009年のオープン戦では、バッテリーを組んだ投手に対して低めの球を要求せず、さらにはそれほど鋭く落ちないカーブなども全く捕球できず、捕逸を連発したことが首脳陣に評価されず、即刻降格となった。前年の日本シリーズ最終戦において敗戦が確定した際の捕手だったことから一部で「イップス」を心配されたが、同年7月3日の一軍昇格後はその心配をよそに鋭く落ちる変化球を捕球していた。

試合途中、自身の出番がない時は相手チームのデータ収集やリードの研究を行い、それらを記録した「加藤ノート」を製作している。

打席に入るときのBGMはジョン・レノンの「パワー・トゥ・ザ・ピープル」である。

エピソード[編集]

  • ドラフト会議において、本来は読売ジャイアンツの隠し玉として紹介を極力控えていたが、スポーツ報知の判断ミスによって、ドラフト会議前日の紙上に「背筋力210kg、握力60kg以上の新潟のゴジラ」と紹介されてしまい、執筆した記者は幹部から大目玉を食らった(2007年9月22日、スポーツ報知紙面)。
  • 2007年シーズンの開始前、当時打撃コーチ補佐を務めていた伊勢孝夫に指示を仰いだが、「冷やかしなら(練習を)するな。練習を1年間続けるなら付き合おう」と返答され、毎日早出特打練習を行ったのがプロ入り初本塁打に繋がったという。
  • 2008年4月20日の対広島東洋カープ戦で途中出場した時、門倉健が投じたワンバウンドに近いフォークボールを全て受け止め、放送していたフジテレビの解説者に絶賛された。特に、後逸すれば相手に得点が入る場面で捕球を成功させ、最終的に試合は敗れたものの、リードしていた1点を守った。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2000 巨人 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2002 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2006 19 40 34 2 10 0 0 0 10 3 0 0 2 1 2 0 1 9 1 .294 .342 .294 .636
2007 28 25 21 2 4 0 0 1 7 7 0 0 0 2 2 0 0 4 3 .190 .240 .333 .573
2008 28 38 36 2 7 1 0 1 11 3 0 0 1 0 1 0 0 9 1 .194 .216 .306 .522
2009 12 13 10 2 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 2 3 0 .200 .385 .300 .685
2010 4 3 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2011 21 39 33 1 5 1 0 1 9 5 0 0 1 0 5 3 0 10 3 .152 .263 .273 .536
2012 13 20 19 1 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .158 .200 .158 .358
2013 12 31 28 2 6 1 0 0 7 2 0 0 0 0 2 0 1 4 2 .214 .290 .250 .540
通算:10年 142 213 188 13 37 4 0 3 50 20 0 0 4 3 14 3 4 43 10 .197 .263 .266 .533
  • 2013年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]

年度 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2000 3 7 2 0 1 0 1.000 2 2 0 .000
2002 1 2 0 0 0 0 1.000 0 0 0 -
2006 17 77 8 0 1 0 1.000 3 2 1 .333
2007 24 49 3 0 0 0 1.000 3 2 1 .333
2008 21 87 6 2 0 0 .979 13 10 3 .231
2009 10 27 3 0 0 0 1.000 2 2 0 .000
2010 1 0 0 0 0 0 .000 0 0 0 -
2011 19 72 3 0 0 0 1.000
2012 13 38 11 1 0 0 .980 5 3 2 .400
2013 12 59 6 1 1 0 .985 6 4 2 .333
通算 121 418 42 4 3 0 .991
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 56 (1999年 - 2008年)
  • 40 (2009年 - )

関連項目[編集]

脚注[編集]