ガジュマル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガジュマル
Ficus microcarpa.JPG
ガジュマル
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: イラクサ目 Urticales
: クワ科 Moraceae
: イチジク属 Ficus
: ガジュマル F. microcarpa
学名
Ficus microcarpa L.f.
和名
ガジュマル
英名
Chinese Banyan、Malayan Banyan

ガジュマル(学名:Ficus microcarpa、漢名:細葉榕)は熱帯地方に分布するクワ科常緑高木

特徴[編集]

ガジュマルの葉と実

樹高は20m。実はコウモリなどのとなり、に混ざった未消化の種子は土台となる低木や岩塊などの上で発芽する。幹は多数分岐して繁茂し、囲から褐色の気根を地面に向けて垂らす。垂れ下がった気根は、徐々に土台や自分の幹に複雑にからみつき派手な姿になっていく。ガジュマルの名の由来は、こうした気根の様子である「絡まる」姿が訛ったという説がある。気根は当初はごく細いが、太くなれば幹のように樹皮が発達する。地面に達すれば幹と区別が付かない。また、成長した気根は地面のアスファルトコンクリートなどを突き破る威力がある。こうした過程で、土台となる木は枯れていくことから別名「絞め殺しの木」とも呼ばれる。観賞用に、中の枯れた木を取り除いて空洞状にした木も存在する。枝には輪状の節があり、楕円形または卵形、革質でやや厚く、はない。イチジクのような花序は枝先につき、小さい。

ガジュマルの名は、沖縄地方名だが、由来は不明。前述の「絡まる」の他、一部には『風を守る』⇒『かぜまもる』⇒『ガジュマル』となったという説がある[要出典]

分布[編集]

柳州市の「ガジュマル」
沖永良部島(鹿児島県)の「日本一のガジュマル」
ガジュマルと絞め殺された木
沖縄県金武町の「伊芸のガジマル」

日本では九州の屋久島種子島以南、主に南西諸島などに分布する。また小笠原諸島では植栽がなされている。観葉植物としては本州でも見ることがある。

世界では台湾中国南部インドからオーストラリアなどにかけて自生している。

近縁種[編集]

ガジュマルを含むイチジク属は熱帯域を中心に世界で800種に及ぶ。日本では本州から南西諸島に16種ばかりが存在する。その中で、ガジュマルは葉が小さくて厚く、つやがある点で他に紛れるものがない。

利用[編集]

樹木は防風林、防潮樹、街路樹生垣として、材は細工物として利用される。燃やした灰汁をつくり、沖縄そばの麺の製造に用いられることもある。

近年は観葉植物としても人気がある。耐陰性があるが日光を好み、光量が不足すると徒長しやすい。熱帯の植物の中では耐寒性もあるが、降霜には耐えられるほどではない。良く成長した葉は近縁のインドゴムノキよりは小さいが、ベンジャミンより一回り大きい。

沖縄県名護市にはひんぷん(屏風)ガジュマルと呼ばれる大木が目抜き通りの真ん中にあり、名物になっている。この屏風とは、のところに建てて、中があけ広げにならないようにするものという意味で、もともと魔よけである。ひんぷん(屏風)ガジュマルはもとの街の入り口に立っていた。

日本一の大きさを誇るガジュマルは、鹿児島県沖永良部島の、和泊町立国頭小学校の第1期卒業生が植えたガジュマルとされる[要出典]

文化[編集]

  • 中国南部、台湾ベトナムなどでは、道観寺院などの庭園によく植えられ、強い日差しをさえぎり、休める場所を提供する役割を担っている。ベトナムコーヒーなどを提供する出店もガジュマルの木の陰で商売をすることが多い。
  • 中国福建省福州市では街路樹にも多く用いられ、街を代表する木であり、榕城という別名も生んでいる。
  • 千昌夫の「北国の春」の中国語版のひとつに「榕樹下」というタイトルをつけたものがある。
  • 中国広西チワン族自治区柳州市(りゅうしゅうし)では、街路樹にも多く用いられている。

伝承[編集]

沖縄県ではガジュマルの大木にはキジムナーと言う妖精のようなものが住んでいると伝えられる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ガジュマル:植物園にようこそ