スズカケノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スズカケノキ
Platanus orientalis
Platanus orientalisギリシャ、2006年9月16日)
保全状況評価
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: ヤマモガシ目 Proteales
: スズカケノキ科 Platanaceae
: スズカケノキ属 Platanus
: スズカケノキ P. orientalis
学名
Platanus orientalis
L.[1]
和名
スズカケノキ(鈴掛の木、篠懸の木)、プラタナス
英名
oriental planetree、Oriental Plane

スズカケノキ(鈴掛の木、篠懸の木、学名: Platanus orientalis)は、スズカケノキ科スズカケノキ属落葉広葉樹果実楽器に似ていることからこの和名がついた。

の学名であるプラタナスと呼ばれることが多いが、日本で見かけるプラタナスは、本種よりもモミジバスズカケノキであることが多い(後述)。

特徴[編集]

樹高は約10〜30 mに達する。樹皮が、に剥げる特徴を持つ。

は大きく、カエデに似ていて、状に5~7裂し、裂片には鋸歯がある。葉柄の基部に小さい托葉がある。

花期はで、淡黄緑色で、雌花雄花を、別々の葉のつけ根の頭状花序につける。

果実は、晩秋、長い柄の先に痩果が多数集まった3.5cm[2]ほどの球形果を、1本の果軸に3~4個連なって下垂する。

分布・生育地[編集]

原産地ヨーロッパ南東部~アジア西部で、日本への導入は明治年間とされる。

保全状況評価[編集]

利用[編集]

成長が早い[2]ため、街路樹庭園樹として利用されてきた。日本では街路樹として、モミジバスズカケノキ が多く使われる[4]。モミジバスズカケノキは、スズカケノキとアメリカスズカケノキとの雑種である。

器具用。

文化[編集]

「篠懸の花」は春の季語

花言葉は「天才」[5]。この花言葉は、古代ギリシアにおいて、アテネにあるプラタナスの並木道の木陰で、哲学者たちが哲学などを説いたことに由来する[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2011年11月28日閲覧。
  2. ^ a b 波田善夫. “スズカケノキ”. 植物雑学事典. 岡山理科大学. 2011年11月28日閲覧。
  3. ^ World Conservation Monitoring Centre (1998年), Platanus orientalis, IUCN Red List of Threatened Species. Version 2.3 (International Union for Conservation of Nature), http://www.iucnredlist.org/details/33951 
  4. ^ 日比谷花壇|ロマンの会 [リンク切れ](アメリカスズカケノキとモミジバスズカケノキの葉の違いを解説)
  5. ^ a b 北嶋廣敏 『「緑」の雑学事典 : 野菜・果物・草花・樹木304』 グラフ社2009年ISBN 978-4-7662-1223-5

参考文献[編集]

  • 茂木透写真 『樹に咲く花 離弁花2』 高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、10-11頁。ISBN 4-635-07004-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]