アカメガシワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカメガシワ
Mallotus japonicus Plate from book
アカメガシワ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キントラノオ目 Malpighiales
: トウダイグサ科 Euphorbiaceae
亜科 : エノキグサ亜科 Acalyphoideae
: エノキグサ連 Acalypheae
: アカメガシワ属 Mallotus
: アカメガシワ M. japonicus
学名
Mallotus japonicus
(Thunb.) Müll.Arg.
和名
アカメガシワ(赤芽槲、赤芽柏)
英名
Japanese Mallotus

アカメガシワ(赤芽槲、赤芽柏、Mallotus japonicus)は、トウダイグサ科アカメガシワ属落葉高木新芽鮮紅色であること、そしてのように大きくなることから命名された。本来は熱帯系統の植物であり、落葉性を身につけることで温帯への進出を果たしたものと見られる。

特徴[編集]

本州四国九州東南アジア山野自生し、日本では二次林に多く、空き地などによく生えてくる、典型的なパイオニア植物である。雌雄異株で、樹高は5〜10mに達する。

互生し倒楕円形、浅く3裂する。裏に黄色腺点があってアリが集まることもある。初夏白色を穂状につける。果実に熟し、蒴果で軟針がある。

木のは生命力が強く、シュートを生じて繁殖する。また、種子は高温にさらされると発芽しやすくなり、伐採森林火災により森林が破壊されると一気に繁殖する。

利用[編集]

材は軟らかく、床柱・下駄・薪炭に用いる。樹皮は日本薬局方に記載の生薬で、これを煎じたものは胃潰瘍十二指腸潰瘍胃酸過多症に効果があるとされる。また、果実の軟針は駆虫剤に用いる。若葉は食用となり、和え物やおひたしとする[1]

ギャラリー[編集]

アカメガシワの新芽 
雄花 
雌花 

類似種[編集]

のものとしては八重山諸島以南に分布するウラジロアカメガシワ M. paniculatus があり、外見は似ているが、葉の裏が真っ白である。この種は東南アジアからオーストラリアに渡る分布を持つ。またより北(トカラ列島以南)まで見られるクスノハガシワ M. philippensis は、葉が硬くて細長く、毛も少ないため見た目はかなり違う印象である。また、沖縄にはヤンバルアカメガシワ M. multiglandulosa がある。一見はアカメガシワに似るが、より大きく膜質の葉を持つ。果実の穂をぶら下げる姿は独特。

別属だが一見似た樹種にオオバベニガシワ Alchornea davidii がある。中国原産の落葉低木で、若葉が鮮紅色で美しく、庭木にされる。葉は網状の葉脈が目立つ。またこれと同属のアミガサギリ A. liukiuensis南西諸島に自生する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p4 昭和33年12月25日発行

参考文献[編集]

  • 林将之 『葉で見わける樹木 増補改訂版』 小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、2010年、210-211頁。ISBN 978-4-09-208023-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]