カール・フォン・リンネ (子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Carl Linnaeus the Younger
カール・フォン・リンネ
カール・フォン・リンネの肖像
生誕 1741年1月20日
スウェーデン
死没 1783年11月1日(満42歳没)
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
出身校 ウプサラ大学
職業 博物学者植物学者
後任者 カール・ツンベルク
カール・フォン・リンネ

カール・フォン・リンネ (子) (Carl Linnaeus the Younger, Carl von Linné, Carolus Linnaeus the Younger, 1741年1月20日 - 1783年11月1日) は、スウェーデン博物学者。「分類学の父」といわれるカール・フォン・リンネ(大リンネ)の息子であり[1]、同名の父と区別するために小リンネとも表記される。

概要[編集]

Supplementum Plantarum (1781年)

9歳の時にウプサラ大学に入学し、父カールの教え子であったペール・レーフリング (Pehr Löfling)、ダニエル・ソランダーヨハン・ぺーテル・ファルク (Johann Peter Falck) らに指導を受けた。1763年には、父の跡を継いでウプサラ大学の臨床薬理学の学長となった。

大リンネの死後、遺された仕事はカールが引き継いだ[1]。カールは、大リンネが『植物の種』(Species Plantarum)と『植物の属』(Genera Plantarum)でまとめた植物分類についての追補を行い、その成果を『植物の種 補遺』(Supplementum Plantarum)にまとめた。

1783年に死去。空いた植物学教員のポストには、カール・ツンベルクが就いた[2]。大リンネから引き継いだ膨大なコレクションは、母によってイギリスの植物学者であるジェームズ・エドワード・スミスに売却された。

脚注[編集]

  1. ^ a b 松尾信一(1990)「信州大学農学部所蔵特殊コレクション・欧米書籍について」信州大学農学部紀要. 27(2): 91-114
  2. ^ MacOwan, F.L.S., F.R.H.S. 1886. Annual address read before the South African Philosophical society. Transactions of the South African Philosophical Society, 4 30-53

ウィキメディア・コモンズには、カール・フォン・リンネ (子)に関するカテゴリがあります。