ギョウチュウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蟯虫科 Oxyuridae
Threadworm.jpg
ギョウチュウ
分類
: 動物界 Animalia
: 線形動物門 Nematoda
: 双腺綱 Secernentea
亜綱 : 旋尾線虫亜綱 Spiruria
: 蟯虫目 Oxyurida
上科 : 蟯虫上科 Oxyuroidea
: 蟯虫科(ギョウチュウ科) Oxyuridae
学名
Oxyuridae
和名
蟯虫科、ギョウチュウ科
英名
Pinworm

本文参照

ギョウチュウ(蟯虫、英語: Pinworm、学名:Oxyuridae)は、線形動物門双腺綱旋尾線虫亜綱蟯虫目蟯虫科に属するものの総称であり、動物に寄生する寄生虫である。特にヒトに主に寄生する ヒト蟯虫 Enterobius vermicularis をいうことが多いが、馬蟯虫 Oxyuris equiネズミ蟯虫 Syphacia murisネズミ盲腸蟯虫 Syphacia obvelataAspiculuris tetraptera 等なども存在する。なお、蟯虫と表記することもある。

特徴[編集]

Enterobius vermicularis は体長がオス2-5mm、メス8-13mm程度であり、乳白色でちりめんじゃこ状の形をしている。虫卵は卵型で直径40μm程度であり、通常の室内環境で数週間生存し感染性をもつ。

ヒトの盲腸に寄生し、肛門括約筋が弛緩する睡眠中に肛門の周辺で産卵を行う。このときギョウチュウの活動や、産卵の際に分泌する粘着性物質によってかゆみが発生するため(無意識下で)掻き毟ることが多々あり、手などに付着した虫卵が撒き散らされることによって感染源や自己再感染の原因となる。虫卵は人間が摂取すると十二指腸で孵化し、盲腸で数週間ののち成虫となる。先進国においては乳児・児童とその親に感染者が多く、感染率は10-20%程度とされている。

なお、このように直接に人間から人間に伝播することが可能であるため、現在においても広く寄生が見られる。カイチュウ等は一旦土壌に出てから感染が行なわれるため、尿が野外に出る事がない現在においては感染経路が保持できず、感染率が激減しているのとは対照的である。

主な属、種[編集]

感染時の症状と問題[編集]

今日、特段に栄養状態が悪い環境でなければ、感染による栄養障害などはほぼ問題にならないとされる。しかし、睡眠中のかゆみなどに起因する不眠などが日中の落ち着きの無さや短気になるなどの原因になることが問題視されている。また、肛門を掻いた跡が炎症化する場合がある。

ぎょう虫検査セロファン。朝起きた際に肛門に押し当てる。

検出は主に粘着テープを用いて行い、肛門周辺に押し付けた粘着テープを試料として検鏡を行う。検便によって検出を行うことはしない。

治療にはメベンダゾールやパモ酸ピランテルによる駆虫が行われる。しかしこの方法では虫卵を駆除することができないため、反復服用とともに、虫卵からの再感染を防ぐための措置を行う必要がある。掃除機による清掃や日光照射による虫卵駆除が適切とされる。

なお、Enterobius vermicularisチンパンジーに寄生した場合、ヒトへの感染例とは対照的に移行症による著しい障害が発生し、死亡に至る場合があることが知られている。

駆虫剤[編集]

ギョウチュウにはパモ酸ピルビニウムの経口投与が有効とされる。パモ酸ピルビニウム (Pyrvinium Pamoate) はピルビニウムパモエートともいう。 この化合物は水には溶けない。 また、この化合物は腸管からほとんど吸収されないため、経口投与することにより、安全に腸管内で駆虫効果を奏する。薬も市販される(パモキサン【ぎょう虫駆除薬 / パモ酸ピルビニウム製剤 / 佐藤製薬】)が、製薬会社は1月に1回の駆除までを上限としている。

日本におけるギョウチュウ検査[編集]

昭和33年から小学3年生以下の児童にギョウチュウなどの寄生虫卵検査が義務付けられていたが、衛生環境の改善に伴い、平成27年度限りで廃止される事になった。

文部科学省によると小学生の寄生虫卵保有は、祖父母世代(昭和33年度)が29.2%、父母世代(58年度)が3.2%、子世代(平成25年度)は0.2%となっている[1]

参考文献[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

  • 寄生虫
  • 丸輪太郎(ウスイ式ぎょう虫検査・セロファン2回採卵式」の説明書に登場する架空の人物)