冷却

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

冷却(れいきゃく)とは特定の物体又は空間からを奪うことにより温度を下げ、その奪った熱を別の場所へと放出する過程をいう。

人工的な冷却[編集]

人工的に自然界のものを冷却することは、加熱と比較するとより高度な技術を必要とする。たとえばを加熱して沸騰させることは、太古の昔から行われてきたと考えられるが、水を冷却してを得ることが出来たのは1748年スコットランドグラスゴー大学ウィリアム・カレンによって、エチルエーテルを低圧容器に入れることで起こる低温沸騰を利用して行われた実験で少量の氷を作り出すことに成功したのが、世界で初めてとされている。これはベンジャミン・フランクリンが汗だくになったとき、風に当たっているときに思いついたとされ、この実験にも協力している。さらに、カレンは1755年には水の蒸発熱を利用することで氷を作成することに成功している。

冷却方法の開発[編集]

1810年になると、それまでの低温物理学の発達により、スコットランドのジョン・リズリー蒸気圧縮機により一旦、冷媒を圧縮して気体液化・低温化させ、その気化熱を利用して水を氷にする蒸気圧縮型冷蔵庫を試作した。(→蒸気圧縮冷凍機

1820年マイケル・ファラデーにより吸収冷却の原理が発明され、その後、アンモニアを利用した吸収型冷蔵庫が試作されている。(→吸収式冷凍機

1821年にはトーマス・ゼーベックにより、物体の温度差が電圧に直接変換される現象を発見し「ゼーベック効果」と名づけられ、1834年にその逆の電圧差から温度勾配を作り出す現象がジャン=シャルル・ペルティエにより発見され「ペルティエ効果」と名づけられた。この結果、電気によっても冷蔵庫を作成できる可能性が指摘されるようになった。

冷却の限界[編集]

摂氏マイナス273.15度、つまり絶対零度が冷却の限界とされている。

関連項目[編集]