ジャン=シャルル・ペルティエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン=シャルル・ペルティエ: Jean-Charles Peltier1785年2月22日-1845年10月27日)は、フランス物理学者ペルティエ効果の発見により知られている。 姓はペルチエペルチェと表記されることもある。

フランスの都市アンフランス語版で生まれ、パリで没した。

1834年に、異なる金属を接合した部分に電圧をかけて電流を流すとの吸収や放出を生じることを発見した。これは熱電効果の一種で、1821年トーマス・ゼーベックが発見したゼーベック効果の逆の効果であり、彼の名にちなんでペルティエ効果と呼ばれている。

関連項目[編集]