熱電効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

熱電効果(ねつでんこうか、: thermoelectric effect)は、電気伝導体半導体などの金属中において、熱流熱エネルギー電流電気エネルギーが相互に及ぼし合う効果の総称。

三つの熱電効果[編集]

次の三つが熱電効果とされているものである。

ゼーベック効果
1821年にトーマス・ゼーベックが発見。
ペルティエ効果
1834年にジャン=シャルル・ペルティエが発見。
トムソン効果
1854年にウィリアム・トムソンが発見。

ゼーベック効果とペルティエ効果はちょうど逆の効果であり、トムソン効果も関連する効果である。ただし、これらはジュール熱とは別の現象である。

関連項目[編集]