関連痛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

関連痛(かんれんつう、Referred Pain)とは、ある部位の痛みを異なる部位の痛みとが勘違いをすることによって発生する痛み。

概要[編集]

人体に存在する神経は、枝分かれをして各所に伝わっているため、脳は同じ神経束を源とする場合や、隣接する神経束の信号伝達を痛みが発生している場所と勘違いをする場合がある。

例えば、かき氷を食べ、咽頭神経が刺激される事により発生した信号を、後頭部またはこめかみの痛みと誤認知すること。これはアイスクリーム頭痛(icecream headache)とも呼ばれ、俗称ではなく正式な医学用語である。

また心筋梗塞など、心臓部の痛みを上腕部の痛みと誤認知することなどが有名である。

原発性疼痛に対し、異所性疼痛と呼ぶこともある。連関痛と呼ぶこともある。また歯茎や顎の痛みが目や胸、脳に関連してることも分かっている