アイスクリーム頭痛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイスクリーム頭痛(アイスクリームずつう、Ice-cream headache[1])は、アイスクリームかき氷などの極端に冷たいものを食べた直後に数分程度発生する頭痛である。

医学的な正式名称である[1]

概要[編集]

原因として、主に以下の2説が唱えられている。

  • 冷たいものを食べた際に口腔内の温度が急激に低下し、反射体温を上昇させるため頭に通じる血管を膨張させて血流を一時的に増大させ、それにより頭の血管に一時的に炎症が発生して頭痛を引き起こす。
  • 冷たい物が喉を通過することにより、喉の三叉神経が刺激され、この時に発生する伝達信号を脳が勘違いし、関連痛として頭痛が発生する。

上記の2説はどちらも正しく、両方が要因となり発生していると考えられている。

ほかに、低位咬合症(下顎位置が上の方にある身体的な特徴)の人が、口腔内の冷感刺激による交感神経の興奮により、頭板筋が締めつけられて頭痛が発生することも考えられている[2]

この症状に対する研究は多いが、頭痛が数分程度で収まるため、研究が進んでいない[1]

予防法として、「冷たいものを少しずつ食べる」「冷たいものと同時に暖かいものを食べる」といった方法がある。また、頭痛が起こってしまった場合には、「おでこやこめかみを冷やす」といった対処法がある[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 冷たいものを食べると頭がキーン!となる “アイスクリーム頭痛”の対処法 – ガジェット通信、2011年7月4日
  2. ^ 【カラダの不思議】“アイスクリーム頭痛”を防ぐ方法は? 冷たいモノで頭がキーン - ZAKZAK、2013年8月17日
  3. ^ 「アイスクリームやかき氷を食べたときの頭痛」原因と対処法は? 【みんなのウェディング】

外部リンク[編集]