虚血

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

虚血(きょけつ、: ischemia, ischaemia)は、動脈血量の減少による局所の貧血阻血に同義。乏血あるいは全身性の貧血(一般的に貧血と呼ばれる現象)と区別して局所性貧血と呼ばれることもある。虚血はその原因により、閉塞性虚血圧迫性虚血痙攣性虚血代償性虚血に大別される。虚血が持続すると細胞の変性、萎縮、線維化が生じる。虚血では血流が完全に遮断されるために解糖の基質の供給が妨げられるため、虚血に陥っている臓器では解糖の基質の枯渇により細胞内代謝物の蓄積が生じる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本獣医病理学会編集 『動物病理学総論第2版』 文永堂出版 2001年 ISBN 4830031832
  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104