坐骨神経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神経: 坐骨神経
Gray1244.png
sciatic is with thekneeurface markings for arteries and sciatic nerve.
ラテン語 nervus ischiadicus
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
起始
分岐
テンプレートを表示

坐骨神経(ざこつしんけい)は、多くの動物に於いて同一個体中で最大の直径と長さをもつ末梢神経

ヒト[編集]

ヒトの場合、腰仙骨神経叢から始まり総腓骨神経脛骨神経に分かれて終わる。腰仙骨神経叢を構成する末梢神経のうち坐骨神経をなす物は第4、第5腰神経と第1~第3仙骨神経である(L4~S3)。

坐骨神経の走行は、腰仙骨神経叢を出た後、梨状筋の前面を通り、下殿神経と共に大坐骨孔梨状筋下孔)を通って骨盤外へ出て、大腿後面(大殿筋大腿二頭筋の前面)を下行し、大腿屈筋群大腿二頭筋半腱様筋半膜様筋)と大内転筋筋枝を分枝し、膝の裏(膝窩)の上方で2終枝(総腓骨神経脛骨神経)に分かれる。

症状として坐骨神経痛がある。

支配筋[編集]

関連疾患[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]