ペダニウス・ディオスコリデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペダニオス・ディオスコリデス
Πεδάνιος Διοσκορίδης
生誕 40年
属州キリキア
死没 90年
国籍 ローマ帝国
職業 医者
薬理学者
植物学者
テンプレートを表示

ペダニウス・ディオスコリデス(Pedanius Dioscorides 古希: Πεδάνιος Διοσκορίδης 40年頃 - 90年)は古代ギリシア医者薬理学者植物学者である。薬理学と薬草学の父と言われる。[1]小アジアのキリキアのアナザルブス(Anazarbus)の出身で、ローマ皇帝ネロの治世下の古代ローマで活動した。

ギリシア・ローマ世界の至るところで産する薬物を求めて、おそらく軍医として方々を旅する機会があり、その経験を活かして本草書『薬物誌』をまとめた。ディオスコリデス自身が「理論より事実を、書物より自分の観察を重視して編集した」[2]と記している通り、非常に明快で実用的な本草書であり、ガレノス医学と並び、1,500年以上の長きにわたり西洋医学の基本文献だった。

『薬物誌』[編集]

『薬物誌』(en)表紙

ディオスコリデスは、全5巻からなる『薬物誌』(古希: Περὶ ὕλης ἰατρικής)を、母語であるギリシア語で著した。日本では、ラテン語版のタイトル : De Materia Medica libriquinque (逐語訳:「医薬の材料について」五書)を略して『マテリア・メディカ』とも通称される[3][4]ガレノスが著書で、最も完全な本草書と称賛しており、1世紀後半に書かれたと思われる[2]

もともとテキストのみであったが、原著が公にされて100年後には、おそらくクラテウアス(KrateuasまたはCratevas)の本草書の彩色図を参考に、図版が付記された[1]。クラテウアスはミトリダテス6世の侍医であり本草学者で[3]、ディオスコリデスは『薬物誌』で彼に言及している。

ヒポクラテスガレノスら他のギリシャ医学の文献と同様アラビアに伝わり、ギリシャ・アラビア医学(ユナニ医学)に取り入れられた。アラビア医学を代表するイブン・スィーナーは、主著『医学典範』の薬物に関する2巻・5巻を、『薬物誌』を典拠に執筆し、この本は後世の医学に大きな影響をあたえた。

『薬物誌』は、ヨーロッパでは1600年頃まで用いられ、植物学・本草学に関して、ヨーロッパの歴史上もっとも影響を与えた書物となった。多くの古代ギリシアの書物は、異教の文化としてヨーロッパで一度失われ、西洋文化の中心であったアラビアよりもたらされたり、中世盛期からルネサンス期に再発見されたものであるが、本書はそれらと異なり古代より途絶えることなく流布していた。

近世の植物学にも強い影響を与え、オットー・ブルンフェルスレオンハルト・フックスなど、16世紀ドイツの初期の植物学者たちの植物書は、ディオスコリデスに負うところが絶大であり[1]、続くイギリスの植物書においても、ジョン・ジェラードらが盛んに引用している。18世紀のイギリスの植物学者ジョン・シブソープは、「ウィーン写本」を基に、『薬物誌』に記載された植物を探し出し確認する作業を終生行い、植物画家フェルディナント・バウアーと共に収集・研究を行った。彼の死後、研究はジョン・リンドリーが引き継ぎ、1840年に『ギリシア植物誌』として完成した。

『薬物誌』は、長きにわたって植物学・薬草学における権威であり、結果的にその分野の停滞を招いた。また、あまりに長きにわたり広範囲で利用されたため、問題も多く起こった。繰り返される写本・翻訳により誤記や誤訳が起こり、図版は、模写による改変や魔術的・占星術的解釈によって劣化していった。ギリシャ・ローマから離れた植生の違う地域では、似た植物を当てはめて利用され、悲惨な結果を招くことがあった。[1]そのためディオスコリデスを批判する人もあるが、その功績は疑いようもない。彼は膨大な情報を集めて取捨選択し、簡潔で合理的な体系にまとめ、観察と経験を基に知見を付与した。その規模や徹底した方針は、先人をはるかにしのいでいた。

また、植物学・薬草学の歴史上重要な文献であるというだけでなく、古代のギリシア人やローマ人やその他の文化における薬草の知識や使用法を知ることができるという点で貴重である。さらに、すでに失われたダキア人トラキア人の言葉の植物の名前が記録されている。

『薬物誌』の内容[編集]

医学の父とされるヒポクラテスが知っていた薬剤が130種類ほどであったのに対し、ディオスコリデスは1,000近い自然の生薬を上げており、植物薬600、鉱物約90、動物約35であった[2]。現在の消毒薬、抗炎症薬、鎮痙薬、興奮剤、避妊剤にあたり、症状に合わせた調合法、投薬量、使い方を指示している。その大半は、当時のローマ社会を反映し、避妊・堕胎・妊娠・出産にかかわるものだった。[1]紹介された薬剤のうち、100種類以上が現在でも使われている[2]

この本の変わっている点は、関連項目でまとめたりアルファベット順に並べたりせず、人体への影響を基準に分類しているところである。[1]ディオスコリデスは病気や薬に関して新しい考え方を示したわけではないが、『薬物誌』はきわめて実践的で実用性が高かった。症状がわかれば、本書で治療法を探すことができたのである。

『薬物誌』の写本[編集]

6世紀の「ウィーン写本」(en)より、ブラックベリー

何世紀もの間、薬草学の普及に力を入れていた修道院で写本がつくられ、ギリシア語版以外にもラテン語訳が少なくとも7種類、アラビア語訳が3種類、それ以外に8か国以上に翻訳された。[1]それらの写本にはしばしば注釈が書き加えられたり、アラビアやインドの文献に由来する若干の増補がなされた。特にアラビア由来の加筆部分はイスラム圏の薬草学の進歩を反映している。最も重要な写本群はアトス山の修道院群に伝えられて現在に残存している。

挿絵のついた写本が多く残っており、その一部は古く5世紀から7世紀にまで遡る。初期の写本の中で最も有名なものは、西ローマ帝国皇帝オリブリオス帝の娘アニキア・ユリアナAnicia Juliana)に献上された「ウィーン写本」(Vienna Dioscurides)で、515年頃に作成された。

『薬物誌』の画像[編集]

紅色染料の発見[編集]

ディオスコリデスがブリタニアで軍医として働いていたとき、地元の人々が「オークの小さな果実」と呼ぶものを発見した。これの正体はカーミンカイガラムシという豆粒大の昆虫で、オークの木から採取したカイガラムシを磨り潰して煮ると、鮮やかな紅い染料が採れた。当時、紅い染料はアカネの根で染めていたオレンジがかかった赤と、辰砂と呼ばれる赤色の天然顔料があったが、カイガラムシの染料はアカネの根の赤よりも鮮やかで、水銀鉱で採れる辰砂よりも安全に採取できた。

ディオスコリデスの発見した紅い染料は、ネロ帝の時代の華美な空気にあっていたため、瞬く間に広まることになった。新たに昆虫採取産業が興り、スペインのようにカイガラムシがたくさん採れたローマの属州では税金の代わりに袋詰めにしたカイガラムシを納めることもできたという。

日本語訳[編集]

  • ディオスコリデスの薬物誌 全2巻、鷲谷いずみ訳(第1巻)、大槻真一郎訳(第2巻)、B5判、1200頁 エンタプライズ[5]

参考文献[編集]

  • ロバート・ハクスリー 著、植松靖夫 訳 『西洋博物学者列伝 アリストテレスからダーウィンまで』 悠書館、2009年
  • 二宮 陸雄 『新編・医学史探訪―医学を変えた巨人たち』 医歯薬出版 2006年

[編集]

  1. ^ a b c d e f g ロバート・ハクスリー 著、植松靖夫 訳 『西洋博物学者列伝 アリストテレスからダーウィンまで』 悠書館、2009年
  2. ^ a b c d 二宮 陸雄 『新編・医学史探訪―医学を変えた巨人たち』 医歯薬出版 2006年
  3. ^ a b 青柳正規 ディオスコリデスと植物園 東京大学
  4. ^ 英語における materia medica は書名ではなく、薬物、薬物学、薬物学書を指す普通名詞である。
  5. ^ ディオスコリデスの薬物誌 全2巻, 鷲谷いずみ訳(第1巻), 大槻真一郎訳(第2巻), B5判, 1200頁, 22000円, エンタプライズ(株)