エリトロース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリトロース
エリトロースのフィッシャー投影図。左がD体、右がL体。
IUPAC名 2,3,4-トリヒドロキシブタナール
別名 エリスロース
分子式 C4H8O4
分子量 120.10
CAS登録番号 [583-50-6]
形状 無色液体
SMILES OC[C@@H](O)[C@@H](O)
C=O

エリトロース (erythrose) は、四炭糖およびアルドースに分類されるの一種である。

不斉炭素原子を2個持ち、異性体トレオースとともに、不斉原子が2個ある化合物における命名の基準となっている。すなわち、フィッシャー投影図で同じリガンドが反対側にくるものをトレオ体、同じ側に来るものをエリトロ体という。

4位にリン酸基の結合したエリトロース4-リン酸は、ペントースリン酸経路の中間産物であり、シキミ酸経路などに供給される。

6位にリン酸基の結合したエリトロース6-リン酸は、カルビン・ベンソン回路の中間産物である。

還元されて生じる糖アルコールであるエリトリトールは、メロンブドウナシなどの果実に含まれる他、醤油味噌清酒などの発酵食品に含まれている。また清涼飲料水の甘味料にも用いられている。