Webフォント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

WebフォントWWW上からフォントを表示する技術である。HTMLにおけるフォントのダウンロードはCSS3.0 fonts moduleにて内包された。

概要[編集]

元来、Webブラウザは端末にインストールされているフォントを呼び出し文字を表示する。端末のフォント如何では、Webデザイナーが意図しないWeb表示がなされてしまい、またフォントに関するWebデザインに制約が生じてしまう。フォントを画像にして表示するという手はあったが、文章修正のメンテナンス、文章の検索といった点で問題がある。そこでWebサーバー上にフォントファイルを置き、Webデザイナーの意図するフォントを表示できるようにした技術がWebフォントである。またはWebサーバー上に置かれるフォント自体をWebフォントと指し、フォントをWebで利用するよう提供するサービスをWebフォントサービスとして区別する。

日本語ひらがなカタカナ、特に漢字が膨大な数であり、Webフォントのダウンロード量など、英語欧文と比較して課題がある。例として2010年にサービスを開始したGoogle Web Fontsでは日本語は提供されていない[1][2](2013年現在)。国内初の日本語対応WEBフォントサービスは、2003年5月に開設され、2010年、2011年頃から日本語に対応したWebフォントサービスが普及し始めた。[3][4][5]

Webフォント[編集]

歴史[編集]

ファイルフォーマット[編集]

TrueDoc[編集]

Embedded OpenType[編集]

Scalable Vector Graphics[編集]

TrueType/OpenType[編集]

Web Open Font Format[編集]

WOFF英語版 をサポートするブラウザは、Mozilla Firefox 3.6+、[6] Google Chrome 5+、[7][8] Opera Presto,[9]Internet Explorer 9 (2011年5月14日)[10]Mac OS X LionSafari 5.1。

Webフォント対応ブラウザ[編集]

  • IE (eotのみ)
  • Firefox
  • Chrome
  • Android標準ブラウザ
  • Opera
  • Safari

サブセット化とダイナミック・サブセッティング[編集]

ページの読み込みを高速化するためには、フォントのファイルサイズを小さくする必要があるため、必要な字だけを含んだフォントのサブセットを作ることが行われている。また、そのサブセット作成を動的に行うシステムも存在する。日本語は文字数が多いため、この技術が多く用いられている。

問題点[編集]

ブラウザー側で「ウェブサイトで指定したフォントを使用しない」設定を有効にしたり、ユーザースタイルシートを使用している場合、アイコンが表示されなくなる場合がある。

Webフォント提供サービス[編集]

出典[編集]

[https://www.facebook.com/fontkakumei フォント革命

  1. ^ 後藤大地 (2010年5月24日). “ブラウザで使えるGoogleフォント登場”. マイナビニュース. 2013年2月17日閲覧。 “今後の活動で日本語フォントが登場するかどうかはわからない。”
  2. ^ 加藤 達也 (2011年6月30日). “Google、Webフォントサービス“Google Web Fonts”のv2を公開”. 窓の杜. 2013年2月17日閲覧。 “なお、現在“Google Web Fonts”では日本語のフォントは公開されていない。”
  3. ^ 国内初の日本語対応ウェブフォントサービス「デコもじ」を開始ウェブフォント関連事業に本格参入”. Ascii.jp (2010年5月10日). 2013年4月10日閲覧。
  4. ^ ソフトバンク・テクノロジー社の「フォントプラス」がフォントワークス書体に対応”. フォントワークス (2011年7月27日). 2013年2月11日閲覧。
  5. ^ クラウドフォントサービス「TypeSquare(仮称)」を発表”. モリサワ (2011年8月10日). 2013年2月11日閲覧。
  6. ^ Shapiro, Melissa (2009-10-20), Mozilla Supports Web Open Font Format, Mozilla, http://blog.mozilla.com/blog/2009/10/20/mozilla-supports-web-open-font-format/ 2010年2月5日閲覧。 
  7. ^ Gilbertson, Scott (2010-04-26), Google Chrome to Support the Web Open Font Format, webmonkey, http://www.webmonkey.com/2010/04/google-chrome-to-support-the-web-open-font-format 
  8. ^ Bug 38217 - [chromium] Add WOFF support, WebKit, https://bugs.webkit.org/show_bug.cgi?id=38217 
  9. ^ Web specifications support in Opera Presto 2.7, Opera, http://www.opera.com/docs/specs/presto27/ 
  10. ^ Galineau, Sylvain (2010-04-23), Meet WOFF, The Standard Web Font Format, Microsoft, http://blogs.msdn.com/ie/archive/2010/04/23/meet-woff-the-standard-web-font-format.aspx 

外部リンク[編集]