下線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

下線(かせん)またはアンダーライン (Underline) は、横書き文章の一部を強調するなどの目的でその文字の直下に引くのこと(例: 下線)。斜体 (Italic) や太字 (Bold) などとともに、強調に用いられる代表的な方法である。一本線のほか、必要に応じて二本線や波線も用いられる。同じ起源をもつ約物としてアンダースコア (_) があり、これもアンダーライン(JIS X 0201ではアンダライン)と呼ばれる。

下線は、古くから手書き文章の強調に用いられた。タイプライターが普及すると、手書き原稿をタイプアップ清書する際などに特殊な字体を指定する目的でも用いられ、ItalicBold など、タイプ済みの文字を戻って再度 _ を重ね打ちする方法で実現された。また、初期のPCターミナルでは重ね打ち表示が不可能なので、_Italic_, _Bold_, *Italic*, *Bold* などのように _ や * で挟むことにより強調を表した。現代のワードプロセッサでも強調のために用いられる。縦書き文章では下線に相当するものとして傍線がある。

言語によっては、ダイアクリティカルマークとして、あるいは固有名詞など特定の意味であることを表示するために用いられる。

関連項目[編集]