Web Embedding Fonts Tool

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Web Embedding Fonts Tool (WEFT) はマイクロソフトが提供する動的なWEBフォントを実現するユーティリティである。

WEBページの管理者はWEFTを使って「フォントオブジェクト」を作成することができる。フォントオブジェクトはウェブページと関連付けされ、インターネット エクスプローラウェブブラウザとして利用しているユーザーが、そのウェブページを閲覧するときに、フォントオブジェクトに含まれるフォントがブラウザ上に表示される。フォントオブジェクトの拡張子は「.eot」であり、"Embedded OpenType"を意味している。

WEFTを用いることで、ほとんどのフォントをWEBページに埋め込むことができる。しかし、中にはデザイナーによって「埋め込み不許可」されたフォントも存在する。また、仕様上の問題で、WEFTでは埋め込めないフォントもある。

このテクノロジーは非英語圏で広く利用されている。

2002年2月25日にはWEFTの最新バージョンである「WEFT3.2」がリリースされている。

外部リンク[編集]