シャープ (記号)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャープの表現

シャープ: sharp)は嬰記号(えいきごう)とも呼ばれ、西洋音楽五線記譜法による楽譜上で半音あげることを意味する変化記号」を指す。形状のよく似た番号記号 (#) とは別記号。

形状[編集]

左右の縦棒は平行に描かれ、左の縦線の右上に右の縦線が来るようにする。交差する斜線は左右の縦線を交差するように描き、2本の斜線は平行になるようにする。平行な斜線のは左右にずらさず、同じ位置になるようにする。一般に斜線は縦線よりも太く描かれる。横線を斜線で表記する理由は五線譜の横線と被らないようにするためである。

ダブルシャープ[編集]

𝄪
ダブルシャープ

ダブルシャープは×のような記号で半音あげ、さらに半音あげる記号である[1][2]

シャープを用いる固有名詞[編集]

  • C# - プログラミング言語。発音は「シー・シャープ」だが、番号記号で表記される。
  • F# - プログラミング言語。発音は「エフ・シャープ」だが、番号記号で表記される。
  • J# - プログラミング言語。発音は「ジェー・シャープ」だが、番号記号で表記される。
  • sharp ♯ - ねごとの楽曲。

文字コード[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+266F 1-2-84 ♯
♯
シャープ
music sharp sign
𝄪 U+1D12A - 𝄪
𝄪
musical symbol double sharp
𝄰 U+1D130 - 𝄰
𝄰
musical symbol sharp up
𝄱 U+1D131 - 𝄱
𝄱
musical symbol sharp down
𝄲 U+1D132 - 𝄲
𝄲
musical symbol quarter tone sharp

脚注[編集]

関連項目[編集]