グレートブリテン島の地質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレートブリテン島の地質図
凡例: 白 = 第四系沖積層); ベージュ = 古第三系; ライムグリーン = 白亜系; 青/緑 = 下部白亜系; ライトブルー = 上部-中部ジュラ系; ミッドブルー = 下部ジュラ系; 濃紫 = 上部三畳系; 淡紫 = 下部三畳系; 淡橙 = 上部ペルム系; 橙煉瓦色 = 下部ペルム系; 淡青 = 上部石炭系(夾炭層); ミッドブルー = 中部石炭系; 青濁色 = 下部石炭系(石灰岩); 橙鈍・茶色 = デボン系; 淡青 = シルル系; 青灰色 = オルドビス系; 青灰暗色 = カンブリア系; ミッドオレンジ = 新原生界ダルラディアン); 濃緑 = 新原生界(トリドニアン); 桃色 = ルーイシアン; 明赤 = 花崗岩体; 赤鈍色 = 古第三紀火山岩

グレートブリテン島の地質(グレートブリテンとうのちしつ)は、豊かな多様性を有する。その多事な地史の結果、イングランドウェールズおよびスコットランドから構成されるグレートブリテン島ランドスケープは変化に富んでおり、始生代以降のほぼ全ての地質時代にわたり、岩石露頭で見られる。

概要[編集]

地震学的研究によれば、グレートブリテン島を一帯とする地域では、地球地殻は27 - 35 km (17 - 22 mi) の厚みがある。最古の岩石は、スコットランド北西部の地表で発見されており、その年代は地球の歴史の半分よりも古い。これらの岩石は、グレートブリテン島およびアイルランド島の地殻の大部分を占めるものと考えられている[1]が、さらにブルターニュ半島チャンネル諸島の地表まで広がっていると推定される。一方で、最も若い岩石はイングランド南東部で発見されている。

基盤岩[編集]

基盤岩質は、堆積岩の様々なシーケンスにより覆われた、一般的により古い変成岩、および、その両者に対して異なる時期に貫入した火成岩の複合混合物により構成される。ブリテン島の地質の複雑さは、究極的には、非常に長い期間にわたって変動してきたプレートテクトニクスの主題に基づくプロセスによる部分が大きい。緯度および海面水準の変動は、堆積シーケンスの現象において重要な要因である。一方では、連続的な大陸同士の衝突により引き起こされる断層運動、および造山運動に見られるような褶曲運動が、その地質構造英語版に影響を及ぼしており、これらはしばしば火山活動や既成の岩石シーケンスの変成作用とも関係する。

地質学的特色[編集]

関連機関・団体[編集]

政府機関[編集]

学会[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、実際にボーリングによる試掘で到達できるのは、せいぜい地下数キロメートルである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • British Geological Survey (BGS). “Current Catalogue” (英語). Geological maps, books & data. 2012年6月15日閲覧。