チャールズ・ラップワース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・ラップワース
Charles Lapworth
人物情報
生誕 1842年9月20日
イギリスの旗 イギリス
死没 1920年3月13日(満77歳没)
学問
研究分野 地質学
主な受賞歴 ロイヤル・メダル(1891年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

チャールズ・ラップワース(Charles Lapworth、1842年9月20日 - 1920年3月13日)はイギリス地質学者である。

現在はオクスフォードシャーバークシャーFaringdon に生まれた。教師になる教育を受けた後、スコットランドに移住し、その地区で、それまで研究される少なかった化石植物の研究を行った。その後、熱心な地質調査示準化石を使った分析によって、シルル紀の厚い地層と考えられてものが、より薄い堆積層褶曲などで積み重なったものであることを示した。北ウェールズカンブリア紀の地層と南ウェールズのシルル紀の間に新しい地質年代オルドビス紀を置くことで、地質年代に関する長い議論に決着をつけたことで知られる。

ラップワースは、1881年から Mason's College で地質学の初代教授を務め、さらにバーミンガム大学で引退まで教鞭を執った。1902年からロンドン地質学会の会長を務めた。ラップワースに関する論文はバーミンガム大学に収集され、ラップワース博物館が同大学によって維持されている。博物館のアーカイブにはラップワースの研究や教育に関するきわめて完全な記録が保管されている。

受賞歴[編集]

関連項目[編集]