アダム・セジウィック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アダム・セジウィック
Adam Sedgwick (1785 - 1873)
人物情報
生誕 1785年3月22日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ヨークシャー州、デント
死没 1873年1月27日 (満87歳没)
イギリスの旗 イギリスケンブリッジシャー州、ケンブリッジ
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
学問
研究分野 地質学
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1851年)
コプリ・メダル(1863年)
テンプレートを表示

アダム・セジウィック(Adam Sedgwick、1785年3月22日 - 1873年1月27日)は、イギリスの地質学者。近代地質学の創始者のひとりである。地質年代の「デボン紀」の名称を提案し、後にウェールズの岩石の地層の調査からカンブリア紀の年代を提案した。

ヨークシャーデントに生まれた。父親は牧師である。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに学んだ[1]。イギリスやヨーロッパの地質学を研究した。ロデリック・マーチソンとともに石炭紀とデボン紀よりも古い地層を研究し、カンブリア紀の地層を分類する方法を確立した。1821年に王立協会の会員に選ばれた[2]。1829年から地質学会の会長を務めた。

セジウィックは今日の観点からは、宗教的には原理主義者または福音派で、科学的研究と、自らの信仰的立場を区分していた。地質学的にも天変地異説(突発説)の立場をとり、の創造行為を信じる立場をとった。ロバート・チェンバースが1844年に『創造の自然史の痕跡』(Vestiges of the Natural History of Creation)を匿名で出版した時、エディンバラ・レビュー誌上や、チャールズ・ライエルにあてた書簡で激しくこの本を攻撃した。

チャールズ・ダーウィンはセジウィックの地質学の生徒の一人であり、ダーウィンのビーグル号の航海の間、文通を続けた。セジウィックは進化論の考えを認めることはなかったが、意見の違いにかかわらず、2人はセジウィックの没するまで、友好的な関係を保った。

1851年にウォラストン・メダル[3]、1863年にコプリ・メダルを受賞した[2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Venn, J.; Venn, J. A., eds (1922–1958). “Sedgwick, Adam.”. Alumni Cantabrigienses (online ed.). Cambridge University Press. 
  2. ^ a b Sedgwick; Adam (1785 - 1873)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年4月25日閲覧。
  3. ^ Wollaston Medal” (英語). The Geological Society. 2012年4月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、アダム・セジウィックに関するメディアがあります。